この星の格闘技を追いかける

【Challengers】2R攻防が勝敗分けた女子ウェルター級戦

<女子ウェルター級/5分3R>
ジュリア・バッド(カナダ)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ジャーマイン・デランダミー(オランダ)

バッドにすぐに組みつかれ、ケージを背にしたデランダミーは6角形のコーナーまで移動したが、そのままテイクダウンを許す。バッドは力任せにギロチンに出るデランダミーのワキを差して首を引き抜く。

ハーフから肩パンチを見せたバッドはマウントへ。ケージ際でブリッジを狙うデランダミーに対して、体を起こしたバッドがパウンドを連続で落とす。そのまま腕十字を仕掛けたが、ここで両者は態勢を入れ替え、トップを奪ったデランダミーがスタンドへ戻る。

一発のヒザをボディに受けただけで、再びダブルレッグでデランダミーをドライブしたバッドが再びテイクダウンに成功。クローズドガードを取り続けたデランダミーだったが、そのままの態勢で初回を終えた。


ほとんど攻撃を受けていなかったが、左目の下を腫らしたバッドは、2R開始直後にワンツーを受ける。それでもバッドは右を伸ばし、そのまま組みつきケージへとデランダミーを押し込む。ワキを差し返し、態勢を入れかえたデランダミーがヒザを突き上げる。

再び体勢を入れ替えたバッドのテイクダウンに、デランダミーはケージを2度ほど掴んでスタンドをキープ。バッドは執拗にシングル、ハイクラウチとグリップを変えて、テイクダウンへ。サイドを奪うとボディにヒザ突き刺す。デランダミーはケージを蹴り上げ、立ち上がると首相撲からボディにヒザを放つ。

必死に組みつくバッドにデランダミーもワキを差しかえようとするが、ここでもテイクダウンを奪われる。ハーフから腰をコントロールするバッドにデランダミーはギロチンの体勢を取ったが効果は薄い。最終回、右目の下も腫れ上がるバッドは打撃戦は避けたまま試合を終えたい。

しかし、遠い距離からのテイクダウ狙いを潰され、パンチを受けたバッドは姿勢を崩しグラウンドへ。ヒールを狙ったバッドに構わず、パウンドを落とすデランダミー。シッティングからシングルを仕掛けたバッドに対してギロチンから後方へ1回転して、トップをキープする。

ハーフからエルボーを落とし、デランダミーのワキを差すバッド。デランダミーは構わず、重いパウンドを落とし続ける。足を払ってパウンドを放ったデランダミーに組みついたバッドは、ここで起死回生のダブルレッグ。再びガードを強いられたデランダミーに対し、バッドはトップキープに徹しきる。

レフェリーのアクションの声に、細かいパンチを落すバッドは、デランダミーの三角絞めを潰し、インサイドで頭をつけたまま押さえ込みに。ここでレフェリーがブレイクを命じると、バッドはシングルレッグへ。取られていない方の足で、ジャンビングニーを見せたデランダミーだが、ここでテイクダウンを許し、タイムアップをキャンバスに肩を付けた状態で迎えた。

ダメージを与えたのはデランダミー、コントロールはバッド。2Rの攻防をどのようにジャッジが判断するか。結果はジャッジ三者とも29-28でバッドを支持。デランダミーも敗北を認め、バッドを抱え上げてからケージを後にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie