この星の格闘技を追いかける

【It’s Showtime】若手No.1はカマル、ロスマーレン下す

2011.05.22

<70キロ級/3分3R>
モハメド・カマル(オランダ)
Def.判定4-1
ロビン・ファン・ロスマーレン(オランダ)

両者の左が交錯してスタートした一番、カマルのヒザ、ロスマーレンのローが激しく行き交う。と、カマルが左右のフックからローを見せる。モーチェ・コールの館内、ロスマーレンのローがカマルの急所を直撃する。

苦しげな表情で、コーナーに頭をつけるカマルは、すぐに試合再開には応じられない。再開後、いきなり左右のハイを見せたカマル、ヒザを蹴り込みロスマーレンをロープに詰める。素早いパンチから、蹴りのコンビネーションを駆使する両者。ここでロスマーレンの左右のフックがカマルの顔面を襲う。

カマルもヒザを蹴り上げ、前に出ると、ロスマーレンのローが再び急所に。レフェリーが大きくカマルを抱え上げ、着地させる。再開後、激しいパンチの攻防のなかで、カマルが急所蹴りをアピールするが、レフェリーは認めず試合続行を命じる。直後に初回が終了したが、ローブローの影響が気になるカマルだ。


2R、ロスマーレンが左、右とローを伸ばす。カマルはショートの連打を見せるも、ロスマーレンも左をガードの隙間から打ち込む。近距離でパンチとローの打ち合いを演じる両者。ロスマーレンの左、カマルのショートからヒザ、ボディフック連打、ローと目まぐるしい攻防が続く。

左からローで前出たカマル、ロスマーレンの前進にヒザを合わせる。細かいボディの連打など、ダメージよりもヒットが目当てのようなカマルの攻撃、ロスマーレンは左ミドルを2発返す。と、パンチの打ち合いのなかで、右ストレートと右ハイを繰り出し、カマルの細かいパンチにペースを譲らない。

最終回、カマルの右、ロスマーレンの左がヒット。ヒザを連続で見せるカマルに、ロスマーレンの対角線コンビネーションが炸裂。カマルもパンチからボディを打ち分ける。カメルのヒザに、左を合わせるロスマーレン、力の籠った攻防が続く。

カマルはローからヒザをヒットさせるが、ロスマーレンもボディを受けた直後に、左フックから右ストレートを打ち返し、ローまでつなげる。一方が打ち込み、もう一方はディフェンスという攻防を繰り返す両者。手数ではカマルが上回るか。しかし、残り30秒、ロスマーレンのフックが連続でヒット。カマルも打ち返し、両者、無酸素の殴り合いを続け、ついに試合はタイムアップに。

ジャッジの裁定は、予想以上の開きがあり、4-1でカマルに凱歌があがった。22歳と21歳の対決、勝者は21歳のカマルになったが、末恐ろしいオランダキックの若き力を見せつけた試合となった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie