この星の格闘技を追いかける

【速報】マモル、結果的に狙い通りのヒジ打ち勝利

2011.05.07

Mamoruマモル、狙い通りのヒジ打ちでタチパレス・ファイツ初陣を飾った。6日(金・現地時間)にカリフォルニア州リムーアのタチパレス・カジノ&ホテルで行われたTPF09で、ケビン・ダンスムーアと対戦したマモルは、2R4分03秒TKO勝ちを収めた。

【写真】思ったような試合展開にはならなかったが、最後は思い通りのヒジで試合を決めご満悦のマモル。早々の次回参戦が期待される (C) MMAPLANET

現時点のMMA界において、フライ級の最高峰といえるTPFに初めて挑んだマモルは、試合前から「ヒジで勝ってインパクトを残したい」と宣言していたが、1Rはその気合いがやや空回り、ケージに押し込んでくるダンスムーアを相手に、従来の持ち味といえるムエタイ風体捌きが影をひそめ、強引にヒジ打ちを狙う展開が目立った。

それでも2度にわたるバックコントロールから、攻め込まれる機会はなく、スイッチで切りかえしてから打撃を打ち込むなど、その拘って攻めたヒジで、ダンスムーアの右目の上が腫れ始める。2Rに入ると、力で押してきたダンスムーアがスタミナをロス。


マモルは余裕をもってブレイクを待ち、スタンドで中間距離からミドルでダンスムーアにプレッシャーを与え、ケージ際におしこむ。ここからエルボー、再びミドル、さらにヒザ蹴りで畳み掛けると、狙いすました左一閃。前方にしゃがみこみそうになったダンスムーアの顔面にヒザを叩き込み、レフェリーが試合をストップ。初回からヒジを縦、横に打ち込み、2か所カットしたうえで圧勝といえるTKO勝ちを収めた。

メインでは、そのマモルのライバル=イアン・マッコールがスイッチを交えたドミニク・クルーズ戦法で、ダスティン・オーティズを完封。8月大会でダレル・モンテギューの持つTPFフライ級王座挑戦を確実なものとした。試合後、マッコールとマモルは年内の対戦を約束。マッコールはお互いの髭を賭けようと一風変わった申し出を行った。

セミのTPFフェザー級選手権試合は、計量オーバーながら王座防衛戦が認められたアイザック・デジーサスが、右フック一発でラス・ミウラからTKO勝ち。計量ミスも関係なくデジーサスの応援団は歓声を挙げたが、釈然としない防衛劇ではあった。

Morango【写真】UFCリリース同士の対戦は、長いリーチを生かしたモランゴが、打撃&グラウンドワークともにエフライン・エスクデロを上回った (C) MMAPLANET

セミ前のライト級の一戦はロングレンジからのパンチで試合をリードしたファブリシオ・モランゴが、エフライン・エスクデロにテイクダウンを許しながらも、最終的には上を取り返すという展開に。3Rにヒザを胸に受けて動きが落ちたモランゴだが、最後までパウンドの勢いを消して、最終ラウンドこそ失ったものの、なんとか判定勝ちで逃げ切った。

また、マイケル・マクドナルドの実弟ブラッドは、兄譲りの伸びのあるパンチを見せたものの、まだまだ粗く、ジェシー・ボーウェンのテイクダウン&パウンドに苦戦を強いられた。それでも打撃の勢いを買われたか、2-1で判定勝ちを収めている。

■TPF09主な試合結果

<フライ級/5分3R>
イアン・マッコール(米国)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 30-27
ダスティン・オーティズ(米国)

<TPFフェザー級選手権試合/5分5R>
アイザッグ・デジーザス(米国)
Def.1R2分52 秒 by TKO
ラス・ミウラ(米国)

<ライト級/5分3R>
ファブリシオ・モランゴ(ブラジル)
Def.判定3-0:29-28, 29-28, 29-28
エフライン・エスクデロ(米国)

<ミドル級/5分3R>
ジェラルド・ハリス(米国)
Def.判定3-0:30-27, 29-28, 29-28
アンソニー・ルイス(米国)

<フライ級/5分3R>
マモル(日本)
Def.2R4分03秒 by TKO
ケビン・ダンスムーア(米国)

<ミドル級/5分3R>
ホルヘ・ロペス(米国)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 30-27
ワーチム・スプリットウルフ(米国)

<バンタム級/5分3R>
フォークハッド・シャリポフ(米国)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 30-27
トミー・ヴァルガス(米国)

<ウェルター級/5分3R>
チディ・ンジョクアーニ(米国)
Def.3R1分27秒 by TKO
アラン・ジャウバン(米国)

<ライト級>
アート・アーチニーガ(米国)
Def.1R1分08秒 by 三角絞め
ジョシュ・ヘリック(米国)

<バンタム級>
コディ・ギブソン(米国)
Def.2R4分09秒 by TKO
ウォーレル・ワトソン(米国)

<フェザー級>
ブラッド・マクドナルド(米国)
Def.判定2-1:29-28, 29-28, 28-29
ジェシー・ボーウェン(米国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie