この星の格闘技を追いかける

【UFN24】ジョンソン文句なし判定勝利、ハーディは3連敗

2011.03.27

■ウェルター級/5分3R
アンソニー・ジョンソン(米国)
Def.判定3-0
ダン・ハーディ(英国)

ウェルター級とは思えないフィジカルを誇るジョンソン。距離の測り合いが続くなか、ジョンソンの左ハイでハーディがダウン。亀の態勢のハーディにジョンソンがパウンドを落とすが、立ち上がられてしまう。組んでからのヒザ蹴りを突き上げたハーディの対し、ジョンソンはテイクダウンから勢いのあるパウンドを落としていく。

クローズドガードのハーディ。ハイガードを狙うがヒザが折れ、パウンドを受ける。三角絞めを狙ったハーディだが、その足を払われてしまう。パウンドをもらうも、ハーフからアームロックを仕掛ける。これを簡単に振りほどいたジョンソンは、そのままトップキープで初回を終えた。


2R、開始早々トップを奪ったジョンソン。再びキムラ・アームロックを狙うハーディだが、極め切れずボディーにパウンド。腕が解けるとジョンソンはエルボーを落とす。インサイドガードからパウンドを落とすジョンソンに対し、ハーディは足をすくおうとする。しっかりと上体を固めたジョンソンにレフェリーがブレイクを命じ、スタンドに戻るが直後にテイクダウンに成功。展開の少ない2Rが終了した。

最終回、すぐにテイクダウンを奪ったジョンソン。これまで右手にキムラ・アームロックを仕掛けてきたハーディは、今回は左手を取ろうと試みるが、ここでもジョンソンのパワーに屈してしまう。バックを奪ったジョンソンは、立ち上がったハーディにパンチを入れ、すかさずテイクダウン。そのままバックマウントの状態になったジョンソンが、リアネイキドチョークへ。前転して逃れようとしたハーディだが、ジョンソンはそのまま背中に張りついて、重いパウンドを連打する。

トップに回ったジョンソンは、肩固めを極めつつパスガードへ。さらにピローアームロックからネックロックへ。首が直角になりながらも、バックへ回り込もうとしたハーディを押し潰す。そのままタイムアップとなり、ジョンソンがハーディを圧倒した15分間が終わった。ジョンソンが文句なしの判定勝ち。ハーディはこれで3連敗となってしまった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie