この星の格闘技を追いかける

【UFN157】激しい打撃戦からテイクダウン勝負に出たアラテンヘイリがバタゲレルに競り勝つ

<バンタム級/5分3R>
アラテンヘイリ(中国)
Def.3-0:29-27.29-27.29-27
ダナー・バタゲレル(モンゴル)

モンゴルのバタゲレルと、内モンゴルのアラテンヘイリの同朋対決。右に回りながら左ジャブ、ローを蹴るバタゲレル。アラテンヘイリは右を当てて前に出ると、バタゲレルが左を打ち返す。バタゲレルは素早い左ジャブを伸ばし、アラテンヘイリが右オーバーハンドをヒット。緊張感溢れる打撃の展開が続き、アラテンヘイリが距離を詰めて右を当てる。バタゲレルは後ろ回し蹴りを見せたが、これは空振りに。右アッパー&左フックで前に出たバタゲレルに対し、ワンツーを打ち込んだアラテンヘイリが追撃を狙う。接近戦の打ち合いは得意なバタゲレルがフックを返し、勢いを止めると逆にワンツーで前に出ていく。接近戦になるとガードを固め、遠い距離でクリーンショットを決めたアラテンヘイリのラウンドとなったか。

2R、初回と同じようにやや遠い距離でのパンチの交換のなかでバタゲレルは、蹴りを交えて戦う。右フックを2発入れたバタゲレルが、続いて左ジャブも届かせる。さらにワンツーで前に出たバタゲレル、アラテンヘイリは右を迎え撃った。左フックを当て合った両者、バタゲレルの勢いが初回より増してきた。アラテンヘイリもカウンターを成功させ、会場のファンから声援が起きる。右フックに左ハイキックを狙ったバタゲレル、蹴りはガードの上だったが圧力が高まってきた。バタゲレルのワンツーに下がってケージを背にしたアラテンヘイリが初めて組みつく。

すぐにクリンチから離れた両者は、バタゲレルが右フックを当てダブルレッグで尻もちをつかせる。アラテンヘイリもすぐに立ち上がり、タイムアップに。バタゲレルがラウンドを取り返した。

最終回、アラテンヘイリも圧を高めようとするが、バタゲレルが蹴りで突き放し左に続き右フックを当てる。アラテンヘイリはダブルレッグを2度狙い、どちらも切られる。直後に左を当てたアラテンヘイリに、右から左をヒットさせたバタゲレルがヒザをボディに突き刺す。右のロングを当てたバタゲレルに対し、アラテンヘイリがシングルレッグへ。足を取られたままヒザ突き上げたバタゲレルだが、軸足を払われテイクダウンを取られる。

背中をつけたバタゲレルは左目の下が大きく腫れあがっている。背中を預け、ヒジを入れながら立ち上がろうとしたバタゲレルの正面に回りダブルレッグでもう一度倒したアラテンヘイリは、スグランブル後も徹底して組み続けて小外掛けで上を取りきる。サイドで抑えて殴るアラテンヘイリ、バタゲレルが足を戻すが立ち上がることはできずクローズドガードを強いられる。上と下から殴り合った両者、タイムアップとともに抱き合って健闘を讃え合った。

テイクダウン&コントロ―ルで3Rを手にしたアラテンヘイリが、UFCデビュー戦対決を制し


PR
PR

関連記事

Movie