この星の格闘技を追いかける

【WEF Global14&Arzalet】蹴りで突き放され、テイクダウン後に強烈なパウンド。ROYがバキベクに敗れる

WEF Global14【写真】サイドキックとダブルレッグの融合を見せたバキベクがROYを圧倒し続け最後はRNCを極めた (C)MMAPLANET

10日(土・現地時間)にキルギスはビシュケクのスポルトパラス・コズホムクルで開催されたWEF Global14&Arzalet。試合レポート第5弾は日本から出場のROYが、キルギスでは誰もが認めるトップファイターでWEF Globalバンタム級王者ディションバイ・バキトベック・ウウルに挑んだ一戦をお伝えしたい。

<WEF Globalバンタム級選手権試合/5分5R>
ディションバイ・ウウル・バキベク(キルギス)
Def.4R3分46秒 by RNC
ROY(日本)

01慎重な立ち上がりの両者、サウスポーのバキベクにROYが右ローを蹴っていく。フェイントを多用するROYに対し、バキベクはレンジをキープしたまま右ジャブを伸ばし、右ローを放つ。ROYは後ろ回し蹴りも空振りに。バキベクが素早い左ミドルを入れ、続いて左ハイを見せる。

02両者、拳での攻撃がなかなか見られないなかバキベクがサイドキックの直後にダブルレッグでテイクダウンを奪う。

ROYはハーフからフルガードに戻し、三角絞めへ。立ち上がりROYの頭を跨いで腹這いで重なるようにトライアングルを防いだバキベクはバックに回ってパンチ、そのまま両足をフックする。腰を伸ばしにかかるバキベクがパンチを打ち下ろしたところで初回が終わった。

032R開始直後、バキベクの放ったサイドキックが急所に入り試合が中断する。再開後、そのサイドキックとローを繰り出すバキベクが、左掛け蹴りを繰り出して組みつく。大内刈りでテイクダウンを狙ったバキベクに対し、ROYはジャンピンガードから50/50ガードへ。勢いのあるパンチを落とし、足を守ったバキベクが立ち上がる。ROYの蹴り上げ後にレフェリーがブレイクを命じ試合はスタンドへ。

04バキベクは飛び込んで左ミドルを入れ、離れてからダブルレッグへ。ケージに押し込まれたROYはテイクダウンを許し、担ぎパスに背中を見せたROYが上を向き直し合ところでパスガードを決める。足を戻したROYだが、立ち上がることはできずパウンドを被弾する。

ガードに戻しながらもパウンドで打たれるROYの目の回りが腫れてくる。そのROYが足関節を仕掛けたところでラウンド終了となった。

053R、サイドキックを上下に蹴り分けROYを突き放すバキベク。ROYはマットが滑るとアピールし、試合が一時中断する。再開後、右のサイドキックから左のハイ、続いて左ミドルを蹴ったバキベクがダブルレッグへ。ここも粘れずガードを取ったROYは蹴り上げを捌かれ、足を畳まれる。

06シングルに出たROYをがぶり、殴りながらバキベクがバックに回る。引き込んだROYに力強い右を落とすバキベクが、バックとトップを行き来しつつ肩の入った力強いパウンドを打ち下ろす。

マウントを取られたROYはブリッジもバックを許し両足をフックされる。RNCが狙いつつ、パウンドを連打するバキベク。上を向いたROYは重いパンチを受けつつラウンド終了に救われる形となった。

074R、逆に向け思い切った打撃戦に持ち込みたいROYだが、左ミドルを受けて後退。バキベクはサイドキックを腹、そして顔面に放ち、ここでもダブルレッグへ。ROYは下になり、足をすくいにいくがパンチを連打され頭を抱にいく。この間にマウントを取ったバキベクが、背中を見せたROYを殴りながら背中を伸ばさせる。

08ケージを蹴って上を向いたROYはマウントでエルボー。パンチを被弾し背中を見せる。左のパウンドを連続し、上を向いたところで左右のパンチ。もう一度背中を見せたROYにパンチを続け仰向けになったところでもパンチ入れる。ROYは腹這いになると一度は足のフックを解かせ、バキベクを背負った形でケージに座る形に。バキベクは背中をマットに自らつけて、RNCを完成させて勝負は決した。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday