この星の格闘技を追いかける

【HEAT43】ライトヘビー級王座決定戦出場予定のロタが欠場、チーム侍の中島佑斗がチョン・ダウン戦へ

Jung Da-Un【写真】もうタイトル戦を流したくないチョン・ダウンに中島が挑戦することとなった(C)MMAPLANET

12日(水)、17日(月・祝)に愛知県刈谷市の刈谷市産業振興センターあいおいホールで開催されるHEAT43でHEATライトヘビー級王座決定戦出場予定のカーロス・ロタが欠場し、中島佑斗が出場することが発表された。


韓国のチョン・ダウンと対戦するはずだったロタが、ビザの関係で来日できず、前回大会でも王座を賭けて戦う予定だったジェイソン・ラドクリフが欠場し、ノンタイトルのヘビー級戦でピーターソン・シャカルに勝利したチョン・ダウン。2大会連続でタイトルマッチが流れるかという状況で、マーシャルアーツフィットネスジム・チーム侍から中島が対戦に名乗りを挙げた。

HEATの発表によると、中島は1997年1月生まれの21歳で戦績8勝2敗というファイターだ。自身のSNSで侍マーク・ハントの指導を受け、最終的には新日本プロレスを目指しているとのこと。5月には6日にマッハ祭りでアラン・ボドウに敗れ、僅か2週間後にMAキックの大阪大会=RKS02に出場し、ラウェイで活躍しているMMAキック・クルーザー級2位YABUとの無差別級MMAで勝利している。

チーム侍らしい──いつ何時、どこで誰とでも戦うという姿勢を持っていることが伺える中島は高いKO率を誇る一方で、ブラジリアン柔術の大会にも出場しており、DUMAU関西オープンの青帯無差別級で優勝経験もある。とはいってもチョン・ダウン戦は、乾坤一擲の勝負になることは間違いない。師匠のクォン・アソル戦、その再現なるか──という中島の急遽出場だ。

■ HEAT43対戦カード

<HEAT総合ウェルター級王座決定戦/5分5R>
ミシェウ・ペレイラ(ブラジル)
ブレンゾリク・バットムンク(モンゴル)

<キック・スーパーヘビー級/3分3R>
マイティ・モー(米国)
楠ジャイロ(ブラジル)

<HEAT総合バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者]キム・ミョンギュ(韓国)
[挑戦者]春日井たけし(日本)

<HEAT総合ヘビー級王座決定戦/5分5R>
イ・サンス(韓国)
カルリ・ギブレイン(ブラジル)

<HEAT総合ライトヘビー級王座決定戦/5分5R>
チョン・ダウン(韓国)
中島佑斗(日本)

<キック73キロ契約/3分3R>
ダニロ・ザノリニ(ブラジル)
ゴ・ウヨン(韓国)

<キック57キロ契約/3分3R>
鈴木万李弥(日本)
ジョイス・リッチャー(ブラジル)

<キック・ライト級/3分3R>
ヘンリー・セーハス(ボリビア)
安川侑己(鷹虎ジム)

<キック・ミドル級トーナメント1回戦/3分3R>
デイヴィッド・スリータ(ボリビア)
ブルーノ・ガザーニ(ブラジル)

<キック・ミドル級トーナメント1回戦/3分3R>
ヒマラヤン・チーター(ネパール)
裕平(韓国)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Arzalet

ONE DAY