この星の格闘技を追いかける

【All JAPAN JJC2018】ライトフェザー級は橋本知之が圧巻の3連覇。待たれる、嶋田裕太の全日本出場

Hashimoto【写真】ライトフェザー級で橋本知之が3連覇。来年は嶋田裕太の出場をぜひとも望みたい (C)JBJJF & TSUBASA ITO

5日(日)、東京都大田区の大田区総合体育館で日本ブラジリアン柔術連盟(JBJJF)主催の第19回全日本ブラジリアン柔術選手権が開催された。文字通り、ブラジリアン柔術の日本一を決するべく熱戦が繰り広げられたアダルト黒帯各階級の模様をリポート──第2弾はライトフェザー級の戦いをお伝えしたい。
Text by Lighthouse


0118名エントリーのアダルト黒帯ライトフェザー級は、国際大会ではルースター級で戦い、ムンジアルで2年連続の表彰台上がった橋本知之が軸となった。

橋本は初戦で川嶋和哉と対戦。引き込みに成功すると、ベリンボロからバックを奪い、送り襟絞めへ。流れるような動きで極まり、一本勝ちを収めた。

02続く山田秀之との試合では、引き込みからベリンボロの展開となり、バックを奪う動きでアドバンテージを加算していく。ガードポジションの橋本を抱えて立ち上がった山田のバックを奪いにいくなど、スクランブルでも隙のない試合運びを見せる。パスを狙いたい山田に対して、ラバーガードからオモプラッタに入ると、そのまま極めて連続の一本勝ちを収めた。

橋本の準決勝の相手は、国内ではフェザー級で戦うことが多い加古拓渡だった。初戦を一本で勝ち上がった加古は、二回戦で競り勝ち──絶好調の橋本と相対することとなった。

互いに引き込むと、橋本がベリンボロからバックをうかがう。これに反応した加古は、体をずらしえ入らせない。橋本はサイドを奪う流れから、再びバックに回る動きでアドバンテージを獲得。さらにパス狙いでアドバンテージを加算する。

03加古のベリンボロをディフェンスした橋本は、逆にベリンボロからバックを取りに行きアドバンテージを追加。しかし加古も意地を見せて、スイープに成功して2ポイントを先取。すかさず橋本がスイープを決めて2-2とイーブン&アドバンでリードする。

ここからスイープ合戦となり、4-4の同点となったところで、加古がスイープで再逆転を狙いにいくが橋本が立ち上がって対応。片足を取った加古が崩しにいくところでタイプアップとなり、ポイント4-4、アドバン4-0で橋本が勝利した。

決勝は橋本と鍵山士門の対戦に。ライトフェザー級が本職の鍵山は、なんとか橋本の牙城を崩したいところだ。互いに引き込みからベリンボロの攻防でスタートし、その後は動きがなく両者にルーチが与えられる。

橋本がパスを狙う動きでアドバンテージを獲得。鍵山はパスガードから逃れるが、橋本のサイドに回る動きに反応して反転するも、バックを奪われてしまう。両足を入れてバックコントロールに成功した橋本は、4ポイントを先取。鍵山は胸を合わせてトップからパスガードを仕掛けるが、橋本のディフェンスは崩せない。このままタイムアップとなり、橋本が3連覇を達成した。

■ライトフェザー級リザルト

優勝 橋本知之 (CARPE DIEM)
準優勝 鍵山士門 (DeLariva JJ)
3位 冨田尚弥 (パラエストラ)、加古拓渡 (グラップリングシュートボクサーズ)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY