この星の格闘技を追いかける

【UFC227】ギロチンを防がれるも、下段と中段の蹴りでムニョスがジョンズに大勝

<バンタム級/5分3R>
ペドロ・ムニョス(ブラジル)
Def.3-0:30-26.29-27.29-28
ブレット・ジョンズ(英国)

まず伝統派空手流の上段回し蹴りを繰り出すムニョス。近距離でアッパーを打ってきたジョンズに対し、ムニョスもショートで対応する。ダブルレッグを切られた直後に左を当てたジョンズに、ムニョスも左フックを返す。ならばと右フックを入れたジョンズ、パンチだけならジョンズが上か。ムニョスの後ろ回し蹴りは空振りに。直後に右打ち込んだジョンズは、スイッチを見せる。

ジョンズはオーソに戻し右アッパー、続いて右フックを打っていく。エルボーの交換からジャブを打ち合い、近い距離での打撃戦が続く。ジョンズのダブルを切ったムニョスが、クラッチを組み直しギロチンへ。上体をあげて防御するジョンズにヒザ蹴りを狙う。その後も打撃戦+テイクダウンの仕掛けと、一進一退の攻防が続いた。

2R、ショートのフックを連打するムニョス、ヒザ蹴りを織り交ぜてアグレッシブに攻める。ジョンズはダブルを切られ、ローを効かされるように。ついには右ローで体がよれるようになったジョンズは。サウスポーに構えを変える。左エルボーから縦ヒジを入れたムニョスは、右中段回し蹴りでダウンを奪う。

このままパンチを纏め、ハーフで抑えたムニョスは逆ハーフから足を抜き、スクランブルに持ち込もうとしたジョンズにギロチンを仕掛ける。腕を突き上げて2度に渡りギロチンを防いだジョンズが、ケージにムニョスを押し込む。離れたムニョスはオーソのジョンズに右アウトサイドローを2発蹴り込む。

倒れたジョンズにヒールを仕掛けたムニョス、足を抜いて立ち上がったジョンズにローを続ける。サウスポーに構えたジョンズが、ここでパンチを当てて反撃へ。熱くなったムニョスはパンチの打ち合いに応じる。それでもムニョスは右前蹴りをボディに蹴り込み、ダウンを奪う。ムニョスがトップを取った状態で、白熱の2Rはタイムアップを迎えた。

セコンドに抱えられないと立ち上がれないほど腹と左足を効かされているジョンズは、サウスポーで3Rを戦う。左ストレートを伸ばすジョンズに対し、ムニョスは右ローで右足を蹴り、右ミドル。腹を抱えて止まったジョンズにギロチンを仕掛ける。ここも防御したジョンズが、背中をマットにつけてダメージの回復に掛かる。

ムニョスも抑え重視で、ジョンズの動きに合わせて細かいパンチを打ち込む。残り80秒を切り、左腕を差してスイープ習いのジョンズが立ち上がって、シングルレッグでムニョスをケージに押し込む。キムラクラッチのムニョスは、右腕を差し返して態勢を入れ替える。

ジョンズがもう一度押し込み返したところで、時間に。足を引きずるジョンズに逆転を狙った攻撃を出す力は残っていなかった。判定勝ちを手にしたムニョスは「あんなに僕のギロチンを防ぐことができるのは、きっと彼だけだ。ブレット・ジョンズは本当にタフだった」と敗者を称えた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY