この星の格闘技を追いかける

【Road FC48】距離とタイミング、間合いのRYOが前進力のラに敗れ王座陥落……

<Road FCミドル級選手権試合/5分3R>
ラ・インジェ(韓国)
Def.2-1
RYO(日本)

右から左を振るうラ、左に回るRYOに右ローを当てる。RYOはボディ、ラが右を伸ばし左フックへ。ラはダブルレッグを決めるとスクランブルのなかで殴り、ケージにRYOを押し込む。ヒザ蹴りを返すRYOは体を入れ替える。離れた両者、ラは右ローを当て組んでクリンチへ。

ケージ際で細かい打撃の応酬 も、ブレイクが掛かる。互いに右を放ち、RYOの右ローを受けたラがショートフックで前に出る。距離を取り直したRYOは右ロー、左に回りながら右アッパーに続き、左フックを当てる。ラがケージに押し込んだところで初回が終わった。

2R、蹴り足を掴まれたRYOだがその状態で右を当てる。回って間合いを取り直すと、右を届かせる。ラはショートのフックを入れるが、RYOが右フックを返す。組み合いでも小外を仕掛けるなど、組み負けることがないRYOだが、ケージに押し込まれる場面が多い。ブレイクが掛からない。残り2分でラが離れると、RYOは右ロー、前進に右フックを合わせる。

消耗戦になりつつあるなか、前に出てくるラにRYOが左フックを当てる。テイクダウン狙いにバックを譲ったRYOは、すぐに離れて左、右アッパーを入れる。ラの前進を上手くかわし、すかすRYOの戦法が加点方のロードFCの裁定でどのように判断されるか。

ハグから最終回に向かった両者。ラが押し込むようなパンチで前に出て、右を打ち込む。一瞬、動きの止まったRYOはテイクダウン狙いを切るが、パンチに反応したところでダブルレッグを決められる。立ち上がったRYOが、一度は押し返すが両ワキを差されバックを許す。

ラは正面に回ると、がっぷり四つの攻防から離れて打撃戦に。間合いを外すRYOが、押し込まれるなかでヒザ蹴りをボディに突き刺す。これで動きが止まったラのボディにRYOはパンチを入れ、アッパー、組んで差し上げテイクダウンへ。同体で崩れ、立ち上がるとRYOが動きの止まったラにアッパー、コンビネーションを決めて、テイクダウン狙いを切る。

スクランブルからクリンチに出たラは、ヒザを続けられ動きが止まる。それでもクリンチから、支えつり込み足を決めたラがトップを奪取し、鉄槌で最後の粘りを見せてタイムアップに。ドローだと延長があるのがロードFCのタイトル戦だが……。

ジャッジの裁定はスプリットでラに凱歌が挙がり、RYOはベルトを失った。

要は打撃のヒット数という軸を設けたロード裁定、ならばこの試合展開で裁定が割れることがない方が選手は迷わず戦術を立てることができるだろう。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY