この星の格闘技を追いかける

【ONE77】試合結果 青木はエルボーで作品仕上げる。最強ラカイのベリンゴン、暫定バンタム級王者に

ONE77【写真】青木はウィラチャイをマウントからのエルボーで切り刻んでTKO勝ち(C)TAKASHI IGA

27日(金・現地時間)にフィリピンのメトロマニラ、パサイのMOAアリーナでONE77「Reign of Kings」が開催された。

BelingonメインではONE世界ライト&フェザー級王者マーチン・ヌグエンとケビン・ベリンゴンが戦い、テイクダウンを許さずパンチの威力で優ったベリンゴンが判定勝ちし、暫定バンタム級王座に就いた。セミでは青木真也がシャロン・ウィラチャイに怒りのエルボーTKO勝ち。ヘンゾ・グレイシーは2Rにテイクダウン狙いから、バックにつき寝技に持ち込むとアッというまに近藤有己にRNCを決めた。

難敵ロシアのアジズ・パフルディノフに競り勝ったエドゥアルド・フォラヤン、プレリミでもジョシュア・パシオがポンシリ・ミタシットにバックを制した状態でアームロックを極めて一本勝ちするなど、チーム・ラカイ勢が3勝を挙げアジア最強ジムになりつつあることを印象づけた。またMMA2戦目のゲイリー・トノンも、なかなか極め切ることができなかったが最後はRNCでタップを奪っている。


ONE77 「Reign of Kings」
<ONE暫定世界バンタム級王座決定戦(※65.8キロ)/5分5R>
○ケビン・ベリンゴン(フィリピン)5R
判定
詳細はコチラ
×マーチン・ヌグエン(豪州)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○青木真也(日本)1R2分16秒
TKO
詳細はコチラ
×シャノン・ウィラチャイ(タイ)
<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
○ヘンゾ・グレイシー(ブラジル)2R1分40秒
RNC
詳細はコチラ
×近藤有己(日本)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)3R
判定
詳細はコチラ
×アジズ・パフルディノフ(ロシア)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○ゲイリー・トノン(米国)3R3分27秒
RNC
詳細はコチラ
×ラフール・ラジュ(インド)
<キック72.5キロ契約/3分3R■>
○クリス・ンギンビ(オランダ)3R
判定
×アルメン・ペトロシアン(イタリア)
<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
○パニコス・ユースフ(キプロス)3R
判定
×ハン・ジィハオ(中国)
<ストロー級(※56・7キロ)/5分3R>
○ジョシュア・パシオ(フィリピン)1R3分37秒
アームロック
詳細はコチラ
×ポンシリ・ミタシット(タイ)
<ムエタイ68キロ契約/3分3R>
○チャムアックトーン・ファイタームエタイ(タイ)3R
判定
×ブラウン・ピナス(オランダ)
<ストロー級(※56・7キロ)/5分3R>
○レネ・カタラン(フィリピン)3R
判定
×ステファー・ラハディアン(インドネシア)
<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
○シエ・ビン(中国)1R1分55秒
ギロチンチョーク
×ソー・サイ(カンボジア)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY