この星の格闘技を追いかける

【PFL2018 #1】計量終了 ヘビー級で体重オーバー&体重差があり過ぎて、対戦カードがシャッフル!!

Hrrison vs Juma【写真】記念すべきレビューシーズン開幕戦のメインはハリソン×トルスンとなった。なおリングアナは、WEC~UFC & Invicta FCのジョー・マルチネスが務める模様だ(C)PFL

6日(水・現地時間)、7日(木・同)にニューヨーク州ニューヨークのMSG内Huluシアターで開催されるPFL2018#1の計量及び、セレモニアル・ウェイインが行われた。


モック計量も行われることなく、ファイターがフェイスオフで向かい合う形となったセレモニアル・ウェイインは事前の発表とはカード、試合順も違いが見られた。これは公開フェイスオフに先立って行われた本計量で、ヘビー級に出場のショーン・ジョーダンがリミットである265ポンドを9ポンド・オーバーし、計量失敗でフィリッピ・リンスと戦うことが許されなくなった影響だ。

ヘビー級と無差別級は違う。そして米国の各州のコミッションはユニファイドMMAレギュレーションに基づき、ヘビー級は265ポンドが上限でそれ以上はスーパーヘビー級にカテゴライズされている。ジョーダンのミスウェイトにより、リンスは不戦勝扱いで3Pを獲得したが、既報の通りPFLのポイント換算は早いラウンドでフィニッシュするほどに追加点が与えられる。リンスはこのエクストラポイントがないことが、最終順位に響く可能性もあるので、この辺りはレギュレーションの盲点となるやも知れない。

またニューヨーク州アスレチック・コミッションではヘビー級においては25ポンド以上の体重差の試合を認めておらず、この規定に抵触したのがアレックス・ニコルソン×ケルヴィン・ティラーの一戦だった。前者は214.6ポンドで後者は265.4ポンドと実に40ポンド以上の開きが見られた。

この結果、PFLでは対戦カードをシャッフルし、ニコルソンは224ポンドだったジェイク・ヒュンと戦い、ヒュンと戦う予定だったカイオ・アレンカウがテイラーと相対することに。さらにヒュンとアレンカウというヘッドラインが解体されたので、今大会のメインイベントはニューヨーカーのアンドレ・ハリソンが昇格し、ジュマビエク・トルスンを迎え撃つこととなった。

Alex Nicolsonそのニコルソン、ヒュンが公開計量に表れなかったためにステージ上で、ガールフレンドと思われる女性とパンチを交換した後にキスをして場を盛り上げていた。ヘビー級の体重幅が広いための起きてしまった混乱だが、ヘビー級としてかなり軽い部類に入るニコルソンはレギュラーシーズンの残り2試合を消化する必要がある。

PFL本日の計量結果を顧みる限り、フランシマール・バホーゾが体重をやや抑える以外にはニコルソンには対戦相手が存在せず、彼には急激な増量が必要になるかもしれない。この辺りの混乱、予見できないわけではなかった事態だが、PFLは確実に生みの苦しみを味わっているといえるだろう。

いずれにせよ、バンタム級からの階級アップの選手も少なくないフェザー級は各選手問題なく計量を終えているが、今後体重オーバーがあった場合はどのように処理をするのかなど、対応策が準備できていることを願うばかりだ。

■ PFL2018#1計量結果

<フェザー級/5分3R>
アンドレ・ハリソン: 145.2ポンド(65.86キロ)
ジュマビエク・トルスン: 144.8ポンド(65.68キロ)

<フェザー級/5分3R>
ランス・パーマー: 145.6ポンド(66.04キロ)
ビクブラット・マゴメドフ: 145.2ポンド(65.86キロ)

<フェザー級/5分5R>
チムール・ワリエフ: 146ポンド(66.22キロ)
マックス・コガ: 145.6ポンド(66.04キロ)

<ヘビー級/5分5R>
アレックス・ニコルソン: 214.6ポンド(97.34キロ)
ジェイク・ヒュン: 224ポンド(101.6キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジェイク・ロショルト: 245ポンド(111.13キロ)
ヴァルドリン・イストレフィ: 248.2ポンド(111.58キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジョシュ・コープランド: 258.4ポンド(117.2キロ)
ジャック・メイ: 262ポンド(118.84キロ)

<フェザー級/5分3R>
マルコ・ロウロ: 145.4ポンド(65.95キロ)
ナザレノ・マルガリエ: 145.8ポンド(66.13キロ)

<ヘビー級/5分3R>
カイオ・アレンカウ: 243.2ポンド(110.31キロ)
ケルヴィン・ティラー: 265.4ポンド(120.38キロ)

<フェザー級/5分3R>
マゴメド・イドリソフ: 145ポンド(65.77キロ)
スティーブン・サイラー: 145.2ポンド(65.86キロ)

<フェザー級/5分3R>
アレッシャンドリ・アルメイダ: 145.8ポンド(66.13キロ)
リー・コーヴィル: 143.8ポンド(65.22キロ)

<ヘビー級/5分3R>
フランシマール・バホーゾ: 240.2ポンド(108.95キロ)
ダニエル・ギャルモア: 255.2ポンド(115.75キロ)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY