この星の格闘技を追いかける

【LFA41】試合結果 上3試合がギロチン決着。48秒勝利のジェネーマンはフェザー級王座挑戦権獲得か?!

Thiago Moises def. Jeff Peterson【写真】モイゼスはピーターソンをこのハイキックでふらつかせ、最後はギロチンで仕留めた(C)LFA

1日(金・現地時間)、ミネソタ州プライヤーレイクのミスティックレイク・カジノホテルでLFA41「Moises vs Peterson」が行われ、上位3カードが全てギロチンチョークで決着という珍しい大会となった。

メインでは現在6連勝中のジェフ・ピーターソンがライト級王座挑戦に近づくための大切な一戦で、チアゴ・モイゼスと対戦。しかし、右ハイでダメージを与えられ、最後はケージに詰めたところでジャンピンガード&アームインギロチンで絞めあげられ、一本負けを喫した。

Killys Mota def. Bobby Leeセミも同様にライト級マッチで、キリス・モタがボビー・リーをパンチ、ヒザ蹴りで圧倒する。リーは必死にケージに押しこみテイクダウンを狙ったところでノーアームギロチンに屈した。

Nate Jennerman def. Kevin Croomセミ前のフェザー級戦では試合開始直後に、ケヴィン・クルームがニータップ気味にテイクダウンを狙ったところで、ネイト・ジェネーマンが10フィンガーギロチンで捉える。そのまま捩じるように絞め続けると、クルームが失神し僅か48秒でジェネーマンが勝利を手にした。

この勝利で戦績を12勝3敗としたジェネーマンはうち9勝が一本勝ちとなり、王者ケヴィン・アギラーへの挑戦が確定か。


LFA41「Moises vs Peterson」
<ライト級/5分3R>
○チアゴ・モイゼス(ブラジル)2R4分31秒
ギロチンチョーク
×ジェフ・ピーターソン(米国)
<ライト級/5分3R>
○キリス・モタ(ブラジル)2R0分21秒
ギロチンチョーク
×ボビー・リー(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ネイト・ジェネーマン(米国)1R0分48秒
ギロチンチョーク
×ケヴィン・クルーム(米国)
<ウェルター級/5分3>
○ベン・ノイマン(米国)3R
判定
×ボビー・クーパー(米国)
<150ポンド契約/5分3R>
○ジョーダン・グリフィン(米国)1R4分52秒
RNC
×ショーン・ウェスト(米国)
<ミドル級/5分3>
○ティム・ヒーリー(米国)3R
判定
×テイラー・ヴォージェル(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○ケリン・フル(米国)2R1分59秒
肩固め
×ライアン・デベラク(米国)
<165ポンド契約/5分3R>
○ブランドン・ジェンキンス(米国)3R
TKO
×ルーク・グウォルトニー(米国)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY