この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC29】RNCで一本勝ち。Strikeforceに続き、サラ・カフマンがInvictaでもバンタム級の頂点に

<Invicta世界バンタム級王座決定戦/5分5R>
サラ・カフマン(カナダ)
Def.3R4分30秒by RNC
カタリナ・リナー(ドイツ)

右を当てたリナーがワンツー、カフマンが左ジャブを返す。ショートのワンツーを繰り出しプレッシャーを与えるリナーだが、カフマンも右をヒットさせる。さらに右から左をカフマンが打ち、ワンツーの右フックをヒットさせる。序盤から、近い距離でパンチを交換する両者、右オーバーハンドを狙ったカフマンに対し、リナーがケージに押しこんで右エルボーを打ち込む。

ここで首相撲に捉えたカフマンはヒザを突き上げ、右フックを当てて離れるとワンツーで前に出る。リナーも果敢にパンチを振るうが、カフマンが精度で上回る。それでも前に出るリナーは、パンチを被弾する場面が増えている。ラスト10秒でパンチを纏めたカフマン、リナーも右を2度当てて初回が終わった。

2R、左から右、さらに左を打ち込むカフマン。ワンツーの相打ちでも打ち勝つが、リナーも左ジャブを伸ばし、ボクシングファイトが続く。カフマンは右を当て、組んで両ワキを差すとケージにリナーを押し込み、ヒザをボディに入れる。ケージを背負い、ムエタイ流一本足ディフェンスを駆使するリナーをついにカフマンが小外刈りでテイクダウン。

後方からパンチを受けたリナーがガードを取る。ハーフから肩固め狙いのカフマンは足を抜いてサイドへスライドする。懸命にヒジを押して、肩固めから逃れたリナーがケージを背にして立ち上がることに成功する。残り20秒、ケージ中央で向き合った両者だが決定機はなく、この回もカフマンが取った。

3R、打撃戦でカフマンの優勢は変わらずリナーが思い切って踏み込み、右を伸ばすもまた同じ距離となる。ここでカフマンがパンチから組んでヒザを見せ、左エルボーを入れると右を当ててケージにリナーを押し込む。左エルボーを2発当てたカフマンは、2Rと同様にダブルアンダーフックからテイクダウンに成功する。

一度起き上がってパンチを落とし、足を捌いてパスしたカフマンがマウントからバックマウントへ移行する。右手を喉下に差し入れ、左手でパンチを打ち込んだカフマンは、パンチを嫌がったリナーをRNCで捉える。リナーがすぐにタップし、カフマンはストライクフォースに続き、インヴィクタでバンタム級の頂点に立った。

「どのタイトルでも光栄だけど、このタイトルは特別。クリス・サイボーグだけが成し遂げていたストライクフォースとインヴィクタの王者になれた。初めての一本勝ち? ずっと柔術を練習してきたから、凄く嬉しい」と新インヴィクタ世界バンタム級王者は話した。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY