この星の格闘技を追いかける

【Titan FC47】豆タンク=バラルト、勢いと豪快リフト技でメスキータに微妙な判定勝利

<フライ級/5分3R>
グスタボ・バラルト(キューバ)
Def.2-1:30-27.30-27.28-29
ブルーノ・メスキータ(ブラジル)

背が低く、分厚い体躯をしているキューバンレスラーのバラルトが、思いきり左オーバーハンドを放って前に出る。右三日月を蹴ったメスキータはバラルトの左を警戒しつつ右ミドル、さらにダブルレッグに右ヒザを顔面に突き上げる。クリンチから離れたメスキータはバラルトの前進に的確に右ジャブ、左ストレートを打ち込む。メスキータのアイポークで試合が中断も、すぐに再開されメスキータが左ジャブ、左フックを当てる。

潜り込むように低い姿勢で組み付いたバラルトが肩口に持ち上げてテイクダウン。スクランブルのなかでメスキータがギロチンを狙うと、左に回り込むように倒す。メスキータもすぐにスクランブルに持ち込むが、バラルトは右を差して左フック2発、ヒザ裏を抱えてリフトからスラムする。離れたメスキータは右ミドル、続いて右飛びヒザを放ち初回が終わった。

2R、駆らず右ミドルを蹴るメスキータが、バラルトのテイクダウン狙いを切って右ストレートを当てる。さらに左ジャブで距離を制したメスキータがバラルトに組ませない。左が当たらないバラルト、距離が近づくとメスキータのヒザが飛んでくる。右ミドルに左オーバーハンドを合わせようとするバラルトだが、腹に攻撃を受け過ぎているか。

と、バラルトの指がメスキータの左目に入り、試合は2度目の中断となる。リスタート後、メスキータが右ミドルを入れ、バラルトは左を空振りする。残り40秒、ようやくローに左を当てたバラルト、テイクダウン狙いも切られエルボーを当てたが続けてメスキータのラウンドとなったか。

最終回、ミドルハイを蹴り、後ろ回し蹴りをボディに入れたメスキータに対し、
バラルトが距離を詰めるシーンが少なくなる。それでも左の飛びヒザを見せて前に出たバラルトだが、間合いを外したメスキータが二段蹴りを繰り出す。続く接近戦で、肩に担いでテイクダウンを決めたバラルトは、メスキータがガードを取ると自らスタンドに戻る。

バシッという音が館内に響き、メスキータの右ミドルが決まる。バラルトはシングルに出て、ボディロックからスラム。立ち上がったメスキータをケージに押し込む。メスキータは回り込んで離れると、ジャブとミドルをバラルトを突き離し、最後にハイキックを2発狙いタイムアップに。直後に額をぶつけあった両者、互いに勝利をアピールするが、何と判定はスプリットでバラルトに凱歌があがる。

しかも、バラルトにつけたジャッジ2人は30-27というスコア。「凄くハッピーだ。しっかりと準備して戦ったんだ」と豆タンクのような勝者は語った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY