この星の格闘技を追いかける

【TUF26】ロクサン届かず、ニコ・モンターニョがTUFウィナー&初代UFC世界女子フライ級王者に

<UFC世界女子フライ級王座決定戦/5分5R>
ニコ・モンターニョ(米国)
Def.3-0:50-45.49-46.49-46
ロクサン・モダフェリ(米国)

左を伸ばすロクサンに、サウスポーの構えから左を当てるモンターニョ。距離を詰めて組もうとするモンターニョ、ロクサンが離れる。ローを蹴り合い、ロクサンは右を打ち、モンターニョが左ハイを狙う。得意の左ミドルをなかなか蹴らないモンターニョが組みに行くも、ロクサンが逆にケージに押し込む。ロクサンのアゴを押して離れたモンターニョが柔らかい感じの左ハイを見せる。

ロクサンの蹴り足をキャッチしてテイクダウンしたモンターニョは、腰を切られると正対して十字を防ぐ。それでも腕十字を狙うロクサンは、クローズドに戻して再び十字へ。腕を抜いて立ち上がったモンターニョをボディロックからテイクダウンしたロクサンがサイドを取り、左のパンチを入れる。クルスフィックを狙い、モンターニョの反応に反対側へ回りハーフからパウンドを見せたロクサンが初回を取ったか。

2R、左ミドルに右を当てたロクサンがパンチでラッシュを掛ける。組んでケージに押し込んだロクサンは、離れると左ハイをブロック。続くクリンチから離れたロクサンにモンターニョの左が入る。ロクサンも右を打ち返す。モンターニョが前蹴り、左ローからワンツーの左を当てる。さらに左から右、そして左を当てたモンターニョは前に出て来るロクサンにまたも右をヒットする。

モンターニョが左ミドルを当て、ロクサンはなかなか前に出られなくなる。それでも前に出たロクサンは、逆にテイクダウンを奪うが三角絞めをセットされてしまう。下からエルボー&パンチを入れたモンターニョがラウンドを取り返した。

3R、前に出るロクサンに対し、モンターニョも下がらない。ロクサンは右ハイ、ブロックしたモンターニョがワンツーを伸ばす。ロクサンも右から左を入れて前に出る。首相撲、続いてボディロックに取ったモンターニョだが、テイクダウンには至らない。ワンツー後の右を当てたロクサンにモンターニョが左ミドルを蹴る。

モンターニョは左ロー、ロクサンはカウンターの右ストレートと左ミドルを入れる。頭を振りながらパンチを伸ばすロクサンが足を使う。モンターニョは右を被弾し、右を返す。ケージを背にしてパンチを受けたロクサンが、足を止めて打ち合いに応じラウンド終了し試合はチャンピオンシップラウンドへ。

4R、計量前まで3Rを想定していたロクサンは右ローを蹴ら、右ハイを受けそうになる。モンターニョはオーソに構えを変え、両方の構えからジャブを放つ。パンチにローを織り交ぜ、真っ直ぐ下がったロクサンに左をヒットさせたモンターニョは、クリンチの攻防からロクサンの投げを潰す。立ち上がったロクサンがケージ際から離れ右フック。それでもモンターニョのパンチの方が目立ってくる。

ならばと首相撲から崩しを狙ったロクサンが、尻餅をつかせるもモンターニョがすぐに立ち上がる。ケージに押し込まれヒザを狙ったモンターニョは、離れたロクサンの右を受ける。右フックをヒットしたロクサンはここで引き込みながら十字を狙う。結果的に下になったロクサンは左のパンチを被弾した。ここでモンターニョがスタンドに戻り、ロクサンがブレイクから立った直後にホーンが鳴った。

最終回、パンチの交換からモンターニョがテイクダウンに成功する。ハーフからブリッジを仕掛けたロクサンはマウントを取られる。すぐに足を戻しスイープをロクサンが狙う。立ち上がったモンターニョ、ロクサンが起き上がってテイクダウンを狙うもトップを取ったモンターニョがマウントをとりにいく。直後のスクランブルで両者がスタンドに戻り、ロクサンがケージにモンターニョを押し込む。

離れたモンターニョに左ミドル、右ストレートを当てたロクサンが前に出て首相撲&ヒザをボディに3発ほど突き刺す。組んだロクサンが小手投げも、トップを取ったモンターニョがガードの中から鉄槌を落とす。腰を切って腕十字を仕掛けたロクサン、左腕を取られ伸びそうになりながら、腕を抜いたモンターニョがトップをキープしてスタンドに戻る。最後まで勝利を目指し、拳を交換した両者に大きな声援が送られた。

1Rと3Rはロクサン、2Rと4Rはモンターニョ。最終回はモンターニョのトップが、ロクサンの打撃のヒットを上回った感じか。結果、ジャッジは1人が50-45、残り2人が49-46の大差でモンターニョに凱歌が上がり、初代UFC世界女子フライ級王座とTUF26ウィナーの称号を手にした。

「今の気持ちは言葉に言い表すことはできない。凄く幸せ。コーチ、チーム、ロクサンを愛している。彼女とショーで同じ時間を過ごせた良かった」とモンターニョは話した。一方、ロクサンは「ニコは素晴らしい才能の持ち主。私はベストを尽くし、持てる力を使い切った。またジムに戻って、強くなり続けるよう努力するわ。マーシャルアーツとしては、私はあらゆる部分でまた成長できる。ファン、友人、ファミリーにお礼を言いたい。腕十字はもう少しだったけど、彼女は上手く防御した。私は全てを出し切ったの」と言い、改めてモンターニョとハグした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie