この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS05】動かないシムズをグレイブスが、ワキ腹へのヒザ蹴りでレフェリーストップ

<ヘビー級/5分3R>
シェルトン・グレイブス(米国)
Def.3R2分20秒by TKO
エベレット・シムズ(米国)

シムズが左ローを蹴り、組んでクレイブスをケージに押し込む。体を入れ替えたグレイブスは離れようとしたシムズを反対側の金網まで運んでいく。シムズはヒザ蹴りを見せるも、グレイブスはシングルレッグからハイクロッチでテイクダウンに成功する。

ギロチンを抜けたグレイブスは、スクランブルから立ち上がったシムズをケージに押し付けるも、右ヒジの内側を制したシムズがヒザを連続で入れる。テイクダウンにキムラを合わせたシムズに対しグレイブスがワキ腹にパンチを入れて足を抜きにかかる。腕を抜いたグレイブがハーフからバックへ。シムズは前進してエスケープもサイドバックを取ってパンチを打ち込んだグレイブスのラウンドとなった。

2R、サウスポーに構えた両者、グレイブスが組んでシングルでテイクダウン。サイドから鉄槌を入れ、背中を取ると片ヒザをついたシムズに左のパンチを打ち込む。亀のまま動かないシムズは一度は立ち上がりかけたもののすぐに頭までマットにつけてアンチを被弾し続ける。レフェリーが動かないと止めるという声を3度掛けても、グレイブスのパンチもボディや勢いの強いものがなく試合を止めるまでには至らない。

わき腹を殴らせ続け、頭を守るシムズを見て5度目の注意を入れたレフェリーは、ついにグレイブスにフィニッシュを狙えと一言。わき腹に右ヒザを連打したグレイブスが右のパンチを振りかぶって落としたところで2Rが終了した。

最終回、グレイブスがすぐにシングルを仕掛けてシムズを押し込む。2Rのデジャブのような展開のなかサイドを取られたシムズがグレイブスの頭を抱える。グレイブスは反応の鈍いシムズに対し、マウントへ。背中を向けたシムズはここでも頭のみを守る。ヒザをボディに3発蹴り込んだグレイブスがようやくレフェリーストップを勝ち取った。

PR
PR

関連記事

Movie