この星の格闘技を追いかける

【Pancrase286】内村洋次郎と対戦する松嶋こよみ 「これまでと感覚が違う」

Matsuhima vs Uchimura【写真】内村にとっても仕切り直し──の仕切り直しの一戦となる松嶋戦だ (C)MMAPLANET

23日(日)に江東区のディファ有明で開催されるPancrase287で、内村洋次郎と対戦する松嶋こよみ。

ナチュラルボーンMMAファイターは、昨年12月のマルロン・サンドロ戦のTKO負けから仕切り直しの一戦を迎える。公開計量直後、松嶋の心境を尋ねた。


──マルロン・サンドロ戦の敗北から4カ月、今の体調と心境を教えてください。

「しっかり練習してきたので体調はバッチリです。勝つための練習もしっかりと集中してできたと思います。北岡(悟)さんと(ロッキー)川村さんにどういう相手かを分析してもらって、対戦相手を想定した練習もできました。なので、これまでとは感覚が違うような感じがします」

──3分×3Rという試合は、もう競技的にも違ってくる部分があると思います。

「別モノですよね。一つのミスでラウンドを失うという側面もありますが、そこを踏まえた練習もできています。それに僕もあまり体力のある人間じゃないので……。これまでの5分×3Rとは戦い方は全く違ってきますが、しっかりと3分というものを見据えて、どのように動くかを考えて練習してきたので、良い試合が見せられると思います」

──とても大切な仕切り直しの一戦となります。

「同じ日に修斗もありますし、パンクラスでも良いカードが並んでいるのですが、自分が主役だと思ってもらえる試合をしたいと思います」

■Pancrase286計量結果

<ライト級/5分3R>
久米鷹介: 70.7キロ
マティヤ・ブラジセビッチ: 69.85キロ

<ライト級/5分3R>
アキラ: 70.0キロ
徳留一樹: 70.45キロ

<フェザー級/5分3R>
ISAO: 66.0キロ
マルコ・ブルシッチ: 66.15キロ

<バンタム級/3分3R>
瀧澤謙太: 61.4キロ
神田T800周一: 61.4キロ

<ウェルター級/5分3R>
佐藤天: 77.4キロ
アントン・ラッドマン: 77.5キロ

<フライ級/5分3R>
翔兵: 57.1キロ
春日井健士: 56.95キロ

<フェザー級/3分3R>
松嶋こよみ: 65.9キロ
内村洋次郎: 66.15キロ

<ストロー級/5分3R>
北方大地: 52.5キロ
八田亮: 52.55キロ

<ライト級/3分3R>
楳原嵩: 68.4キロ
井上雄策: 69.9キロ

<バンタム級/3分3R>
CORO: 61.25キロ
藤井伸樹: 61.15キロ

<フェザー級/3分3R>
横山恭典: 66.0キロ
コンバ王子: 65.8キロ

<フライ級/3分3R>
小川徹: 57.0キロ
アレックス・オカベ: 55.9キロ

<ウェルター級/3分3R>
中村勇太: 77.15キロ
手塚裕之: 77.1キロ

■スウィングバウト

<ウェルター級/3分3R>
上原 広誉: ─キロ
菊入 正行: ─キロ

<ライト級/3分3R>
渡慶次 幸平:─キロ
丸山 数馬:─キロ

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie