この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC22】計量終了 エヴィンガーは相変わらずの緩さ×引き締まったクニツカヤ

Evinger vs Kunitskaya【写真】この緩さに惑わされてはいけない。結果的にノーコンテストだったが、前回は不覚にも腕十字を取られたチャンピオン──寝技の完成度は高くアグレッシブだ (C)ESTHER LIN/INVICTA FC

24日(金・現地時間)、明日25日(土・同)にミズーリ州カンザスシティのスコティッシュライト・テンプルで開催されるInvicta FC 22「Evinger vs Kunitskaya 2」の計量が行われた。


メインで仕切り直しの世界バンタム級選手権試合を戦うトーニャ・エヴィンガーと挑戦者のヤナ・クニツカヤは共に134.8ポンドで計量を終え──グッドシェイプのチャレンジャー、緩いボディのチャンピオンとここまでは前回と同じ流れてきている。

ストロー級デビューを果たす、アトム級世界チャンピオン浜崎朱加は弱冠、背の高いリヴィア・ヘナタ・ソウザとしっかりとフェイスオフで視線をかわし、握手をして別れた。なお、今大会は全7試合のコンパクトな大会ながら、ディアナ・ベネットとミランダ・マーヴェリックの2選手が計量オーバーでキャッチウェイト戦が2試合となっている。

■Invicta FC22計量結果

<Invicta FC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者] トーニャ・エヴィンガー:134.8ポンド(61.14キロ)
[挑戦者] ヤナ・クニツカヤ:134.8ポンド(61.14キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
浜崎朱加:115.7ポンド(52.48キロ)
リヴィア・ヘナタ・ソウザ:115ポンド(52.16キロ)

<117.6ポンド契約/5分3R>
ジョディ・エスキベル:115.5ポンド(52.38キロ)
ディアナ・ベネット:117.6ポンド(53.34キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アンバー・ブラウン:105.9ポンド(48.03キロ)
アシュレイ・カミンズ:105.6ポンド(47.89キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
スンナ・ダヴィッズドッティル:115.8ポンド(52.52キロ)
マロリー・マーチン:114.8ポンド(52.07キロ)

<120.5ポンド契約/5分3R>
キャル・ホリデー:115.9ポンド(52.57キロ)
ミランダ・マーヴェリック:120.5ポンド(54.65キロ)

<女子フェザー級/5分3R>
フェリシア・スペンサー:146ポンド(66.22キロ)
マジソン・マクハニー:146ポンド(66.22キロ)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie