この星の格闘技を追いかける

【TUF24】試合結果 初回にピンチも、DJ9度目の防衛成功。要注目、引き込み多用=ホールの判定勝利

LINEで送る
Pocket

The Ultimate Fighter Finale: Johnson v Elliott【写真】予想以上の大健闘を見せたティム・エリオットを結果的には圧倒したDJがジョン・ジョーンズとジョルジュ・サンピエールの持つ防衛記録を抜く9度目の防衛に成功。UFC最多記録、アンデウソン・シウバの持つ10にあと一つと迫った(C)courtesy of Zuffa LLC / Getty Images

3日(土・現地時間)、ネバダ州ラスベガスのパームス・カジノリゾート内ザ・パールでTUF24「Tournament of Champions」Finaleが行われた。

12年目のTUFフィナーレ。決勝が初代女子世界バンタム級王座決定戦となったシーズン20、元UFCファイターの敗者復活戦という意味合いがあったシーズン04を除いて、初めて優勝者に世界王座挑戦権が与えられた今シリーズ。日本の扇久保博正を破り優勝したティム・エリオットの挑戦を受けた世界フライ級王者デメトリウス・ジョンソンは、9度目の王座防衛戦に成功。コーチ対決はジョセフ・ベナビデスがヘンリー・セフードに辛勝している。

特筆すべきはスタンドで蹴りは当てていたが、スライディングと引き込みを繰り返したライアン・ホールがグレイ・メイナードを破った試合。この試合の判定基準がジェネラルとなれば、現代MMAの攻撃の幅や戦略はさらに広がりを見せることになる。

今大会の全試合結果は以下の通りだ。


ファイト・オブ・ザ・ナイト=イオン・クテレバvs.ジャレッド・キャノニア
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=サラ・マクマン、アンソニー・スミス

TUF24「Tournament of Champions」Finale(
<UFC世界フライ級選手権試合/5分5R>
○デメトリウス・ジョンソン(米国)5R
判定
詳細はコチラ
×ティム・エリオット(米国)
<フライ級/5分3R>
○ジョセフ・ベナビデス(米国/1位)3R
判定
詳細はコチラ
×ヘンリー・セフード(米国/2位)
<ウェルター級/5分3R>
○ホルヘ・マスヴィダル(米国)1R4分05秒
TKO
詳細はコチラ
×ジェイク・エレンバーガー(米国/15位)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ジャレッド・キャノニア(米国)3R
判定
×イオン・クテレバ(モルドバ)
<女子バンタム級/5分3R>
○サラ・マクマン(米国/7位)2R2分52秒
肩固め
詳細はコチラ
×アレクシス・デイヴィス(カナダ)
<フライ級/5分3R>
○ブランドン・モレノ(メキシコ)3R
判定
詳細はコチラ
×ライアン・ベノイ(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ライアン・ホール(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×グレイ・メイナード(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ロブ・フォント(米国)1R3分47秒
TKO
詳細はコチラ
×マット・シュネル(米国)
<ライト級/5分3R>
○キム・ドンヒョン(韓国)3R
判定
詳細はコチラ
×ブレンダン・オライリー(豪州)
<女子ストロー級/5分3R>
○ジェイミー・モーイル(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ケイリン・カーラン(米国)
<ミドル級/5分3R>
○アンソニー・スミス(米国)2R3分27秒
TKO
×エルビス・ムタプチッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
<ライトヘビー級/5分3R>
○デビン・クラーク(米国)3R
判定
×ジョシュ・スタンバリー(米国)
PR
PR

関連記事

Movie