この星の格闘技を追いかける

【Top FC12】タイガー石井、イ・ミンジュを追い込み切れずスプリットで敗れる

tiger-ishi【写真】MMAとして追い足が欲しかった石井、下になる場面も多く判定負けに(C)TOP FC

<フライ級/5分3R>
イ・ミンジュ(韓国)
Def.2-1:30-28.29-28.28-30
タイガー石井(日本)

左ローから左ジャブを伸ばすイに対し、石井は左ローを返し右前蹴り、左ローを蹴っていく。右前蹴りから左右を振るいラッシュを掛けたイが、ミドルを蹴られながらも組んでテイクダウンに成功する。上体を抱える形でサイドを取られた石井はブリッジから起き上がろうとし、アームロックをそのままの態勢で狙いマウントを許す。バックマウントに移行したイの肩固めは防いだ石井はガードから腕十字へ。しかし、スラム気味に叩きつけら石井は再びサイドを許す。首を抱え、右手を両足でフックした石井は下のままで初回を戦い終えた。

2R、イの右ミドルをキャッチした石井が、タイナーのように押し込んでから右ミドル。離れてからも左ミドルや左ロー、そして右ローを蹴っていく。イは右オーバーハンドをヒットさせるも大きく口をあけ、またもタイナーからバックを許しそうになる。ここは胸を合わせたイがバックに回って、テイクダウン。石井はキムラを仕掛ける。足を制さずアームロックを仕掛けたため腰に手を回された石井。なんと、ここでブレイクが命じられた。

残り2分、石井は左ミドル、イのテイクダウン狙いをかわしてプレッシャーを強めローを蹴る。イは組んでケージに石井を押し込むと、ここもバックに回る。キムラアームロックを仕掛け、しゃがんだ石井。またもブレイクとなり、そのまま2Rが終わった。

最終回、イが右ロー。まるでムエタイのように、ゆっくりと距離を詰める石井が左ミドルと右ローを返す。イはかなり息が荒くなっていたが、右フックを当ててダウンを奪う。サイドから石井を抑え込んだイが、ヒザを背中に当てていく。イの抑えのプレッシャーが弱く石井が立ち上がる。手数の減ったイに対し、石井は左ミドル。イが右ストレートを打ち返すと、石井はオーソに構えて右ミドル。サウスポーに戻した石井は、回るイを追いかけるが、追いきれないままタイムアップに。

裁定はスプリットとなりイ・ミンジュが勝利した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie