この星の格闘技を追いかける

【PXC52】ボディへのパウンドでカラフランスが、ピットピットンゲからTKO勝ち

<フライ級/5分3R>
カイ・カラフランス(ニュージーランド)
Def.3R by TKO
クリサント・ピットピットンゲ(フィリピン)

今大会の裏メイン的な注目カード。まずはカラフランスが右ローを入れる。左ジャブを伸ばすカラフランスに、ピットピットンゲがいきなりの右オーバーハンド。カラフランスの左ハイキックをブロックしたピットピットンゲは、左ハイから右フックを放っていく。右アッパーは胸に当たったピットピットンゲ、続く右ハイをカイフランスがかわす。ピットピットンゲの右ボディフック、カラフランスは左フックを返す。ローの蹴り合いからカラフランスが前に出ると、ピットピットンゲが右フックでカウンターを狙う。

レンジの遠いピットピットンゲに対し、カラフランスが飛び込むもカウンターが待ち受けている。自然ローの蹴り合いが増えるなか、カラフランスが右ストレートをヒット。ピットピットンゲがワンツーを返すと、カラフランスも右を伸ばす。この間にピットピットンゲがコツコツと蹴り込んでいたローの効果が気になるところだ。

2R、強烈な左右のフックの連打で前に出たピットピットンゲ。ケージに詰まったカラフランスが回る。カラフランスの右ハイをキャッチしてテイクダウンを奪ったピットピットンゲだが、カラフランスもすぐに立ち上がる。大きく息をついたピットピットンゲ、大きな振りの空振りも多くスタミナが切れかかっているか。ピットピットンゲが引き続き大きなオーバーハンドを振るう。相手の前進こそ止めるが、効果劇な攻撃とは見えないが……。

ここでダブルレッグに失敗したピットピットンゲがガードをとってカラフランスにパウンドを連打される。右足にしがみつくピットピットンゲを潰してパンチを入れるカラフランスに対し、ピットピットンゲがまたもガードを取る。ヒールを簡単に潰し、パンチの連打からエルボーを落とすカラフランス。完全に動き止ったピットピットンゲはパンチを被弾し続ける足を捌いて左エルボーを入れたカラフランスが2Rをビッグラウンドとした。

最終回、ピットピットンゲの左フックにカラフランスが左フックを打ち返し、シングルレッグから腰をコントロールしてテイクダウンに成功する。ガードを取ってキムラロックを抜かれたピットピットンゲだが、ホールドするだけで動きがない。カラフランスが足を越えてマウントへ。ピットピットンゲは背中を預けて前方にカラフランスを落としに掛かる。立ち上がったカラフランスはピットピットンゲのシングルを潰して、バックに回りワキ腹にヒザを蹴り込む。

スタンドに戻った両者、ダッキングとスウェイを繰り返すピットピットンゲのパンチは当たらず、何とカラフランスの両手をマットについたバイスクル・キックでバランスを崩してガードを取ってしまう。ローを入れ、足を捌いてパンチを入れるカラフランスに対し、ピットピットンゲはアップキックを狙うのみ。ボディと顔面にパンチを受け、続く右のボディストレートでピットピットンゲが体を固めるとレフェリーが試合をストップ。好勝負が期待された一番は、カラフランスの圧勝となった。

「元チャンピオン、タフなことは分かっていたけどちゃんとゲームプランがあり機能した」と勝者は語った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie