この星の格闘技を追いかける

【UFN27】ケニー・フロリアンが、水垣×エリック・ペレスを予想

Ken Flo

【写真】この日はカリフォルニアでMMA出稽古を行う宇野薫に、アルバート・クレーン率いるグレイシーバッハ・バーバンクでプライベート指導を行ったケニー・フロリアン。宇野が水垣の出場するUFN28を視察することを知ると、インディアナポリスでも練習しようと持ちかけていた (C)MMAPLANET

28日(水・現地時間)にインディアナ州インディアナポリスのバンカーズライフ・フィールドハウスで行われるUFC Fight Night27「Kampmann vs Condit」には日本から水垣偉弥と日沖発の2人が出場する。MMAPLANETでは日沖発×ダレン・エルキンスに続き、UFC Tonightアナリストのケニー・フロリアンに水垣偉弥×エリック・ペレス戦の展望を語ってもらった。

――UFCデビュー以来、3試合連続1ラウンドでKO、もしくは一本勝ちしているエリック・ペレスと対戦する水垣偉弥選手ですが、ペレスは試合時間が短くなかなか特徴が分かり辛い選手です。

「ゴイトはとてもタフで、凄くアグレッシブなファイターだよ。ミズガキが勝利を掴むには、ゴイトのペースにハマらないことが大切だ。ゴイトからスピードを奪い、テイクダウンなどで背中をマットにつけさせる。そこから殴っていく。ゴイトの特徴は速いペースで戦うことだから、その速さを出させずに戦うように仕向けるんだ」

――水垣選手は北米のファイターと、真っ向から打撃勝負が挑める数少ない日本人ファイターです。

「ミズガキはパンチを威力が十分ある。ただし、真っ向から打ち合ってはいけない。彼は打ち合いもできるが、ゴイトを相手にしたときは、インファイトでは数発パンチを入れてもう一度距離をとる。そんな打撃戦を心掛けるべきだ。ゴイトに反撃の機会を与えてはならない。フィル・デイビスじゃないけど、ラウンド終盤にテイクダウンを狙ってみるのも良いだろうね。

ミズガキはクリンチからのテイクダウンが強い。だから、それまでの打撃戦が接戦になった場合、彼のテイクダウン能力がモノをいうことになる。スマートに戦うことがミズガキには求められる。そして、試合が長引けば彼のチャンスは広がるだろう。ゴイトはUFCで戦うようになってから、試合時間が短い。2Rも、そして当然3RもUFCで経験したことがない。これまで経験したことのない展開になれば、誰だって神経質になる。自分の戦いができ辛くなるものだ。だからミズガキはしっかりと3Rを通して、ゴイトの攻略方法を練って戦うべきだろうね」

<ケニー・フロリアンの日沖×エルキンス戦予想はコチラ

■UFC Fignt Night 27 「Condit vs Kampmann 2」対戦カード

<ウェルター級/5分5R>
カーロス・コンディット(米国/2位)
マーティン・カンプマン(デンマーク/6位)

<ライト級/5分3R>
ドナルド・セラーニ(米国/6位)
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル/10位)

<ウェルター級/5分3R>
ケルヴィン・ガステラム(米国)
ブライアン・メランソン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
コート・マクギー(米国)
ロバート・ワイッタカー(豪州)

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥(日本)
エリック・ペレス(メキシコ)

<ミドル級/5分3R>
ブラッド・タヴァレス(米国)
ロバート・マクダニエル(米国)

<ミドル級/5分3R>
ディラン・アンドリュース(ニュージーランド)
パピー・アベディ(スウェーデン)

<ウェルター級/5分3R>
ジャスティン・エドワーズ(米国)
ブランドン・ザッチ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ダレン・エルキンス(米国)
日沖発(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ジェイムズ・ヘッド(米国)
ジェイソン・ハイ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ザク・カミングス(米国)
ベン・アロウェイ(豪州)

<ライト級/5分3R>
ロジャー・ボウリング(米国)
エイブル・トゥルージロ(米国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie