この星の格闘技を追いかける

【WSOF-GC02】MMA禁止の国からの刺客<01>小見川と対戦、バイオレット「柔道には付き合わない」

MMA Factory Paris【写真】MMAファクトリーの面々、左から3番目がテディ・バイオレット (C)MMA FACTORY

7日(日)に東京都文京区TDCホールで開催されるWSOF-GC02 「WSOF-GC JAPAN」。数多くの海外勢を招聘し、日本人選手との国際戦が組まれたWSOF-GC日本大会でMMAがイリーガルな国=フランスから2名の選手がやってくる。
Special Thanks to Sucker Punch Entertainment

Teddy Violetアーノルド・クエロとともにMMAファクトリーから初来日を果たすテディ・バイオレットは、小見川道大と対戦する。パウンドが許されない国で、どのようなキャリアを積み上げてきたのか。花の都から刺客に話を訊いた。

──WSOF-GC日本大会で小見川選手との対戦が迫ってきました。現在の体調はいかがでしょうか。

「まったく問題ない。非の打ちどころもないと言えるぐらい完璧なコンディションだよ」

──まず日本で戦うことについて、この試合のオファーがあった時はどのような気分でしたか。

「日本で戦えることをとても名誉に思い、また満足にいけるオファーだったので嬉しかった」

──では対戦相手の小見川選手の印象を教えてください。

「とても経験のある選手だと思うし、有名なファイターだ。ただし、彼のキャリアはもうこれより上にはいかないので、若い選手に道を譲る事も考えてもいいだろうね」

──小見川選手の攻撃で一番、気を付けないといけないと感じているのはどの部分でしょうか。

「やはり彼の柔道のスキルかな。ただし、私はそこに付き合う気はないよ」

──ではバイオレット選手が最も自信を持って小見川選手と戦える局面は?

「打撃だね。パンチとキック、両方とも私の方が上だろう」

──日本ではバイオレット選手だけでなく、フランスのMMA界自体がまだまだ知られていません。もともと、なぜMMAに興味を持ったのでしょうか。

「もともとはグッドシェイプになる為にトレーニングを始めたんだ。そしてチームメイトの家に泊まった時にヴァンダレイ・シウバの試合をみて、『これだッ!』って思ったんだ」

──それ以前、MMA以外の格闘技経験はありますか?

「ほとんどない。ちょっと喧嘩した事があるぐらいで(笑)。MMAを始める前は、ちゃんとしたスポーツの大会には出た事はなかったよ。

以前はオールドスクールというジムに所属していたんだけど、BAMMAでトム・デゥクェスニーに負けた後、もう2度と負けたくないという気持ちが強くなり、モチベーションがあがった。MMAに対して意欲も湧いてきたんだ。プロになるためには、もっと強いチームで強い選手と練習しないといけないと思い、フランスではトップのMMA Factoryに移籍したんだよ」

──カール・アモゾーやクリスチャン・ンプンブなどBellatorで戦ってきたフランスのトップファイターが所属していますね。

「フランスでは最高の練習環境だと思う。トップの選手たちとスパーリングもできるし、MMAという工場で精密度の高い戦闘機を作っている感じだね」

──またフランスではパウンド有りのMMAは認められていないということですが……。

「一部の人たちは、打撃に対して抵抗がある。そういった人たちはボクシングにも否定的なんだ。彼らはグラウンドで馬乗りになって殴るなんて、全く認めようとしない。もちろん事実はMMAの方がボクシングよりも打撃の危険性は低いのに、そんな一部の否定的な人たちには理解できないみたいだね」

──バイオレット選手自身、ベルギーのアマ修斗などの出場経験もあるようですが、プロMMAファイターとしてフランスではどのようなキャリアの積み方をするのですか。

「MMA Factoryは常にアウェーで試合をすることに備えて練習している。だからベルギーに限らず、試合のオファーがあれば、どこに行ってでも戦う、そういった姿勢がないと強くはなれないよ」

──100%FightやRING OF FIREでの試合を見る限り、フランス国内ではパウンドのない試合を戦ってきたようですが、パウンドありで戦うときにどのようなアジャストが必要だったでしょうか。

「MMA Factoryは常にユニファイドルールの為の練習をしてきたから、アジャストは必要なかった。普段からユニファイドルールの練習を積んできたので、そのために練習内容が変わることもなく。ケージだとプレッシャーが掛けやすいので戦いやすいと思っている」

──バイオレット選手にとって今回のWSOF-GC出場、そして小見川戦はどのような意味を持つのか教えてください。

「どの試合も勝たなくてはいけない。つまり、どの試合でも同じ。ベテランのオミガワが相手とはいえ、特別な感情は持っていない」

──では最後に今回の試合で、日本のファンにどのような試合を見せたいか。抱負をお願いします。

「私はフランス人ですが、すべてのMMAファンに対して、このスポーツをサポートしてくれている事を感謝している。日本にもそんなファンはたくさんいると思うから、日曜日はそんなファンのために戦う。話を聞いてくれてありがとう」

■WSOF-GC02対戦カード

<WSOF-GCヘビー級王座決定戦>
エブゲニ・エローヒン(ロシア)
ブランドン・キャッシュ(米国)

<ライト級>
郷野聡寛(日本)
ミロスラウ・ストラバック(スロバキア)

<フェザー級>
小見川道大(日本)
テディ・バイオレット(フランス)

<ヘビー級>
川口雄介(日本)
リチャード・オドムス(米国)

<フェザー級>
児山佳宏(日本)
カミル・レボウスキー(ポーランド)

<フライ級>
中村優作(日本)
ローレンス・ギグリオ(米国)

<女子アトム級>
渡辺久江(日本)
イ・イェジ(韓国)

<ストロー級>
猿丸ジュンジ(日本)
ジャレッド・ブルックス(米国)

<バンタム級>
中島太一(日本)
アーノルド・クエロ(フランス)

<女子バンタム級>
メイ・ウウイ(シンガポール)
アナ・ベズナー(ウクライナ)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie