この星の格闘技を追いかける

【ONE33】計量終了もW世界戦消滅の危機!! 挑戦者が体重落とせず……

Kotetsu Boku【写真】進化した肉体(?)を披露した朴光哲(C)ONE

13日(金・現地時間)にシンガポール・カランのシンガポール・インドアスタジアムで開かれるONE 33「Pride of Lions」の計量が12日(木)に行なわれたが、ダブルタイトル戦消滅の危機に陥っている。

まずセミで組まれていたONE世界ストロー級選手権試合は、挑戦者ヤゴ・ブライアンの計量ミスでノンタイトル戦に変更。さらにメインでベン・アスクレンに挑む予定だったルイス・サッポの計量失敗。今から10時間以上前の時点でこの試合がどのような形式で行われるか協議中との発表が主催者よりあったが、その後の動向はホームページ、公式ツイッター、SNSなどでも明らかになっておらず、ONE側への問い合わせをしても返答はなされていない状況だ。

日本のファンからすればタイトルが掛かっているかどうか以前に、アスクレン×サッポの決着戦は試合内容が楽しみだったが、世界戦ということでチケットを購入したり、放映権のビジネスが成立しているのであれば、これはファン、そしてONEも被害者。何とも気の毒な状況となっている。

なお皮肉なことにメイン&セミ以外に出場するファイターはメイジャー・ホーバーオールと対戦する朴光哲も含め、計量を無事終えている。

【写真】既に体重を持どいているパブ計量での両者。サッポが相当大きいことがわかる(C)ONE

【写真】既に体重を持どいているパブ計量での両者。サッポが相当大きいことがわかる(C)ONE

■ ONE 33計量結果

<ONE世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者] ベン・アスクレン:77.1キロ
[挑戦者] ルイス・サッポ:78.2キロ

<ストロー級/5分3R>
デェダムロン・ソー・アミュアイシルチョーク:52.0キロ
ヤゴ・ブライアン:52.8キロ

<フェザー級/5分3R>
メイジャー・オーバーオール:65.5キロ
朴光哲:65.7キロ

<女子ストロー級/5分3R>
ナタリー・ヒルズ:51.8キロ
アンジェラ・リー:51.6キロ

<ヘビー級/5分3R>
アラン・ンガラニ:110.6キロ
イゴール・スボラ:102.3キロ

<フェザー級/5分3R>
マーチン・ヌグエン:65.3キロ
エドゥアルド・ケリー:65.6キロ

<フェザー級/5分3R>
アミール・カーン:65.7キロ
ジミー・ヤーボ:65.7キロ

<バンタム級/5分3R>
ベネディクト・アン:65.6キロ
ヨハン・ムリア・レゴウオ:65.4キロ

<フェザー級/5分3R>
リー・カイウェン:65.8キロ
ネイサン・アン:65.8キロ

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie