この星の格闘技を追いかける

【No-Gi Worlds 2015】キーナンのいない重量級。ブシェシャの盟友ルカスのサイボーグ越えなるか

Lucas【写真】盟友ブシェシャが負傷欠場した世界柔術ウルトラヘビー級をこのゆるゆるボディで制したガブリエル・ルカスがIBJJF世界二冠となるか(C)MMAPLANET

7、8日(土、日・現地時間)、カリフォルニア州ロングビーチ州立大学内のピラミッドにて、IBJJF主催の世界ノーギ柔術選手権が行われる。ADCCと並んでノーギ・グラップリングの最高峰の舞台と言えるこの大会、今年も注目すべき強豪が多数エントリーしている。アダルト男子黒帯重量級の見所を紹介したい。

【ミディアムヘビー級】
いわゆる超有名ファイターの出場こそないこの階級だが、神童が生んだ驚異の新人の一人、マテウス・ジニズ(アリアンシ)や昨年のヨーロピアン王者チアゴ・サ(チェッキマット)らがエントリーしている。昨年の同階級世界王者で、過去2年ノーギ、道着有りに関わらず柔術界で話題を提供し続けてきたキーナン・コーネリアスの欠場が残念でならない。

【ヘビー級】
最注目は今年のADCC世界大会でも活躍し、怪物ホドウフォ・ヴィエイラと40分の延長戦を戦い抜いて99キロ級準優勝に輝いたガード巧者プレギーサことフィリッピ・ペナ(グレイシー・バッハ)。ここにジャクソン・ソウザ(チェッキマット)やレスリングベースのティム・スプリッグス(ロイド・アーヴィン)らが加わる。

【スーパーヘビー級】
昨年同階級の覇者にして、13年ADCC世界大会99キロ級王者ジョアオ・アシス(チェッキマット)が本命。さらにこの大会で4度ヘビー級王者に輝いているトゥサことホベルト・アレンカー(グレイシー・バッハ)、13年のこの階級王者のジェームズ・プロポロ(ヒベイロ)らもノーギ世界一の座返り咲きを狙う。

【ウルトラヘビー級】
階級が上がるごとに大味なレスリングの攻防が増える(それ故にコア層の関心も薄れてゆく)印象もあるノーギ・グラップリング大会だが、今回は注目のメンバーが集まった。まずは2010~2012年の間この階級を3連覇し、13年は世界最強の柔術家ブシェシャことマーカス・アルメイダを倒しADCC無差別級王者に輝いたサイボーグことホベルト・アブレウ(ファイトスポーツ)がエントリー。今年のADCCにおけるスーパーファイトでは、怪我の影響もあってからアンドレ・ガウヴァオンに良い所なく敗れてしまったサイボーグの復調ぶりは如何に。

同階級も昨年の王者で、無差別級も制したユーリ・シモエスが参加せず。それでも今年の世界柔術の最重量級でまさかの優勝を果たし、世界を驚かせたガブリエル・ルカス(チェッキマット)、そのルカスを今年のADCC世界大会で下し最重量級準優勝を果たしたジャレド・ドップ(ヒベイロ)も参戦。サイボーグを加えた3人の優勝争いは見応えありそうだ。

なお黒帯マスターの部においては、マスター2のライト級に世界的サーファーであるジョエル・チューダー(スタジオ540)、ミディアムヘビー級には亀ガードのエドゥアウド・テレス(ブラザ)と、UFCでも活躍したアルベルト・クレーン(グレイシー・バッハ)、マスター4のミドル級にはエンセン井上の兄イーゲン(グラップリングアンリミテッド)の名前が見える。長く戦い続けるヴェテラン&レジェンズの雄姿が見られるのもノーギワールズの見どころの一つだ。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie