この星の格闘技を追いかける

【UFC192】左右のハイでマゴメドフが横綱相撲、ジョーダンを3-0で破る

<ヘビー級/5分3R>
ルスラン・マゴメドフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ショーン・ジョーダン(米国)

サウスポーのジョーダンに右ハイ、続いて左ハイを見せたマゴメドフ。ジョーダンは距離を詰めてフックを振るい、左ワキを差してケージにマゴメドフを押し込む。2度、3度と体を入れ替える両者、ジョーダンがアンクルピックでテイクダウンに成功する。キムラロックのマゴメドフのカカトを取って立たせないジョーダンだったが、ケージに寄りかかりながら立ち上がったマゴメドフがキムラを解いて距離を取り直す。ケージを背に戦うマゴメドフは右から左とハイを出し、続いてストレート系のパンチを連続で入れる。動きが一瞬止まったジョーダンは左ストレートの打ち終わりに右ストレートを被弾。マゴメドフのラウンドとなったか。

2R、マゴメドフは左ハイから前に出てくるジョーダンに左のショートフックを連打で入れる。それでも飛び込んでフックを入れたジョーダンがケージにマゴメドフを押し込む。体を入れ替えたマゴメドフはワンツーを見せて離れる。ハイのフェイクに大きく反応してしまうジョーダンは、低い姿勢からダブルレッグ。右を差し上げてテイクダウンを狙うも、マゴメドフがこらえる。左ワキを差して体を入れ替えたマゴメドフ、今度は離れ際に左ハイを蹴り込む。目を気にするジョーダンに右ローから右フックを決めたマゴメドフが、左前蹴り。続いて左フックをヒットさせる。前に出てもパンチを被弾するジョーダンが、間合いを取り直す。

マゴメドフが右ハイから左フック、ジョーダンは組みついてケージに押し込んでも、テイクダウンを奪えない展開が続く。右ハイは空振りに終わったマゴメドフだが、ジョーダンはこの蹴りはあまり見えていないようだった。

最終回、左フックを当てられながら前に出てシングルレッグを狙ったジョーダンに対し、マゴメドフは首を抱えて態勢を入れ替える。マゴメドフは左右のエルボーから、パンチを入れて後ろ回し蹴り。離れてはワンツーをヒットする。ジョーダンの突進をサークリングでかわし、左ハイ。続く右ハイは当たらなかったもののマゴメドフ優勢は変わりない。

残り2分を切ってなお、テイクダウン狙いのジョーダンはケージを背にしてアッパーを打ち込む。マゴメドフが離れ際に左ハイ、左フックから組みに行って時間の経過を待つ。最後まで左右のハイキックに苦しめられたジョーダンは、最後の10秒で右ハイで体がのけ反り、判定で勝ち目はなかった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie