この星の格闘技を追いかける

【DEEP】打撃を入れてテイクダウン、小島が越智を破る

<フライ級/5分3R>
小島壮太(日本)
Def.2-1
越智晴雄(日本)

互いにローを蹴り合い、越智が左を伸ばす。小島の左ジャブに越智は右フックを当てる。ボディから顔面へのコンビを駆使する越智が、重い右ローを重ねる。さらに小島が出てきたところに左フック、続けてローと試合は越智のペースに。引き続き右を当てた越智が組んで小島をケージに押し込む。ただし、この局面でテイクダウンを取ったのは小島だ。越智は頭を押して立ち上がるも、すぐに小島がボディロックからテイクダウンに成功する。

パウンド狙いの隙をつき、立ち上がった越智。低い姿勢でパンチを狙うと小島がヒザを狙っていく。越智は右ローを入れ、右フックもヒットさせる。対して小島も右を入れ、後ろ回し蹴りを見せたが、これは当たらず。初回は越智のラウンドとなったか。

2R、越智のボディ攻撃に対し、前蹴りで上体を起こそうとする小島だが、その蹴りが急所に入ってしまい試合が一時中断する。再開後、左フックから小島が右ストレートを伸ばし、まっすぐ下がった越智を捉えて豪快にテイクダウン。ケージを背にして立ち上がった越智、小島が距離を取り直す。右アッパーから左フックを入れた小島は、右ローを受けてもひるまずダブルレッグへ。ケージ際の攻防はすぐにブレイクが掛かり、試合はスタンドへ戻る。越智は左ボディから右フック、組んで小外掛けも倒れなかった小島がヒップトスからトップを奪い、ラウンドを取り返しイーブンとした。

最終回、圧力をかける小島に対し越智は足を使い、踏み込んでワンツーを繰り出す。左フックを入れた越智はダブルレッグからテイクダウンを狙うが決まらない。スタンドに戻ると右ストレート、ヒザ蹴りから小島がテイクダウンを奪い、パスにも成功する。上体を起こして立ち上がった越智に対し、小島はギロチン。技を解くと同時に距離を取り直し、低い姿勢でテイクダウンを決める。そのままバックマウントを取った小島が最後はポジションをキープし、スプリットに票は割れたが、しっかりと判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie