この星の格闘技を追いかける

【UFC189】リーチ差、有効に使えずベントレッドがハワードにスプリット判定負け

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・ハワード(米国)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
カホル・ペンドレッド(アイルランド)

いきなり飛びヒザを見せたペンドレッドだが、ハワードが距離を取る。遠い位置からフックを振るうハワード。長身&リーチの長いペンドレッドは、左ハイへ。ハワードが組みつくが、組み勝ったペンドレッドがケージに押し込んでヒザをボディに突き上げる。いなして距離を取り直したハワード、続く接近戦では互いにダーティボクシングで我慢合戦に。3、4発後に両者は離れる。ここからペンドレッドが左を入れると、ハワードが右を返す。ペンドレッドは組みに行きケージにハワードを押し込むが、テイクダウンは奪えなかった。

2R、ペンドレッドがダブルレッグのフェイクからヒザをボディに入れるも勢いがない。後頭部をペンドレッドに取られたハワードは、左右のアッパーを連打で見せ脱出。続くペンドレッドのテイクダウン狙いも、胸を張って防ぐと直後に連打を入れる。ハワードのテイクダウン狙いに対し、今度はペンドレッドがボディにヒザを入れる。遠い距離からパンチを届かせることができるペンドレッドだが、懐に入られ連打を被弾するシーンも少なくない。ハワードのパンチでペンドレッドが下がる展開が多いラウンドとなり、終了間際にもペンドレッドは左フックを痛打した。

最終回、右アッパーから右ローを入れたハワードはペンドレッドのテイクダウン狙いを冷静に切って、パンチを打ち込む。ペンドレッドの首相撲に足払いを合わせたハワード。ペンドレッドの体がよれる。続く組み合いのなかで、ハワードがダブルレッグへ。ペンドレッドのギロチンを防いだハワードが、ダーティボクシングでアッパー&右フックを連打する。残り1分も距離を詰めることができないペンドレッドに右フックを思い切り振るっていったハワードが、スプリット判定をモノにしアイルランド勢は2連敗となった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie