この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】福田、タヴァレスとの打撃戦に敗れる

<ミドル級/5分3R>
ブラッド・タヴァレス (米国)
Def.3-0:29-28,29-28,30-27
福田力(日本)

まずは右ローを蹴り込んだ福田。さらに左を続ける。タヴァレスは左を伸ばし、右ハイへ。これを組み崩した福田が、がぶりからパンチへ。スタンドに戻るが、福田はすぐに蹴り足をキャッチしてテイクダウン。三角狙いのタヴァレスが蹴り上げから立ち上がる。福田の右ジャブに、鋭い右ストレートを伸ばすタヴァレスが、ワンツーへ。鋭い踏み込みを見せるタヴァレスに対し、福田も力負けしない。

そんな福田の左ストレートにヒザを合わせるタヴァレスが、左ストレートを打ち込む。蹴りから右につなげるなど、巧みなコンビネーションを見せるタヴァレス。至近距離に近い打撃の攻防はややタヴァレス優勢で初回が終わった。

2R、福田の右ストレートに右ハイを合せようとしたタヴァレス。福田はブロックから組みついて、間を取る。右ミドルから右を伸ばすタヴァレス、福田のジャブから踏み込むとカウンターを受けそうになる。

タヴァレスは右ストレートが伸び、福田が自分の距離になかなか入ることができないようになる。左ジャブも切れのあるタヴァレスは、福田の前進にパンチを合せていく。右ストレートを被弾した福田、顔面が真っ赤に染まっている。右ハイに左ハイを返した福田、タヴァレスが左ジャブを伸ばす。なかなか突破口が開けない福田、テイクダウンを狙うことなく、スタンド戦だけで2Rが終了、タヴァレスのラウンドとなった。

最終回、右ストレートから首相撲を取ろうとする福田に連打を入れるタヴァレス。真正面に立ち、完全に打撃戦モードに入ってしまったか、福田のパンチが主流となり、テイクダウンに結びつける動きは見られない。福田は右を打ち込むも、次が続かない。と、続いて左をヒットさせた福田は左ミドルでバランスを崩すも、すぐに立ち上がる。左を伸ばす福田、タヴァレスも3Rになり、やや動きが落ち福田の攻撃を受けるシーンも増えてくる。

残り1分、右ミドルを合せ、前に出てくる福田をいなすようになったタヴァレス。福田もなかなか距離を詰めることができないまま、試合終了となった。結果、福田は0-3で判定負けとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie