この星の格闘技を追いかける

【Bellator】ライト級T、危なげなくリッケルズが決勝進出

2013.03.01

<ライト級T準決勝/5分3R>
デヴィッド・リッケルズ(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
ジェイソン・フィッシャー(米国)

軽く左ハイで牽制したフィッシャー、組みついてバックを取りにきたリッケルズに反応し、すぐに胸を合せていく。間合いを取ったフィッシャーにリッケルズは蹴りから右ストレート、さらにヒザを見舞っていく。右ボディストレートから左ジャブを伸ばすフィッシャー、続くアッパーも含めやや攻撃が軽いか。

右ロー、右フックを打ち込むリッケルズに、フィッシャーは右ストレート、左ジャブを返していく。リッケルズの右ロー後に組みついたフィッシャーだが、逆にヒザをボディに受ける。残り90秒、ケージ際の組み合いからリッケルズの右がヒット。離れたところで左ジャブを放つフィッシャーだが、リッケルズがヒザを合せようとする。ラウンド終了間際にフィッシャーがシングルレッグで組みつくも、そのままタイムアップとなった。

2R、開始早々ショートフックから組みついたリッケルズ、フィッシャーが体を入れ替えるが、脇を差し返されて再びケージに押し込まれる。離れ際の右フックも軽いフィッシャー、リッケルズの打撃も決してリズムが良くないが、その打撃の攻防のなかでダブルレッグダイブを決める。鉄槌を落すリッケルズに、フィッシャーは腰を切ってアームバーへ。じっくりと時間を掛けてヒジを抜いたリッケルズが、起き上がってパウンドを落す。ガードに戻したフィッシャー、すぐに足を一本抜かれてしまう。

リッケルズのマウント狙いにリバーサルを合せたフィッシャーが、トップを奪取し右のパウンドを落す。スタンドに戻るとリッケルズが左右のフックを放ち、細かいパンチを続けて組みついていく。逆にシングルに出たフィッシャーだが、同体で倒れ後方からパンチを受ける。

最終回、ヒザ蹴りからワンツーを打ち込んだリッケルズの前進に右ストレートを伸ばすフィッシャー。リッケルズが左目尻をカットし、かなりの流血に追い込まれる。それでもシングルレッグを切って、勢いのある左を連打するリッケルズ。フィッシャーが引きこんで、ガードを取る。リッケルズはパスから肩固めを狙いつつ、そのままマウントへ。残り90秒、マウントからパンチを落すリッケルズは、フィッシャーの反転に合わせてバックマウントへ移行。

リアネイキドチョークは極め切れなかったが、マウントに戻り再びパウンドへ。もう一度、バックマウントの状態になると、リッケルズは果敢に腕十字へ。フィッシャーが腕を抜いて上を取ったところで試合終了。終盤にかけ地力の差が出たライト級トーナメント準決勝は、リッケルズが問題なく判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie