この星の格闘技を追いかける

【UFN63】スラム祭り、グィダがペラルタに圧勝

<フェザー級/5分3R>
クレイ・グィダ(米国/12位)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ロビー・ペラルタ(米国)

ポニーテールに髪を結ったグィダが勢いよく前に出ていく。右から左フックを振るうグィダに対し、ペラルタは右アウトサイドローを決める。グィダはダブルレッグで組み付くと、ケージにペラルタを押し込み、大きく抱え上げてスラム。首を抱えて立ち上がろうとするペラルタだが、グィダはシングルからペラルタを宙を舞わすようにスラムで叩きつける。ケージ際でバックを取ったグィダはワンフックからペラルタの背中を伸ばしにかかる。ペラルタは起き上がったが、すぐにグィダがバックコントロール&襷がけの態勢に。後方からヒザを入れるグィダは、そのままバックを取った状態で初回を戦い切り、ラウンドをモノにした。

2R、パンチの応酬からダブルレッグを決めたグィダ。ペラルタは金網を背にして立ち上がるとする。ペラルタの防御能力も高く、レフェリーがブレイクを命じる。再開後、フエルタはアッパー、またもグィダがケージにペラルタを押し込む。再度、ブレイクを命じられた両者。ラペルタは右を被弾するが、めげずに左フックから右ローを決める。最後の10秒にグィダが見せたダブルレッグもペラルタは切って、試合は最終回に。

3R、グィダの左フックに対し、右フックを放つペラルタ。グィダは頭を下げて左ハイを見せ、この1発がペラルタの顔面を掠める。続いて右ハイを繰り出したグィダは、完璧なタイミングでテイクダウンを決め、立ち上がり際に肩に担ぎあげてスラム。肩固め&パスのコンビネーションから、マウント&肩固めの形に入ったグィダ。ハーフに戻したラペルタは体を捩じってエスケープに成功する。残り90秒、ハーフから足を抜いたグィダはパスガード。体をスライドさせ、ケージを背にしたラペルタが立ち上がる。グィダは執拗に組み続け、強引なスラムからサイドで抑え込む。ペラルタは何とか起き上がったもののタイムアップとなりグィダはフルマークで判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie