この星の格闘技を追いかける

【PFC11】 女王トーヒル、復帰戦で思わぬ大苦戦

2008.11.22

(C) GONG KAKUTOGI第7試合女子150ポンド契約/3分3R
エリン・トーヒル(米国)
Def.判定3-0
ジェン・フィンニー(米国)

【写真】フィンニーの腕十字で追い込まれたが、何とか腕を引き抜きパスガードに成功したトーヒル (C) GONG KAKUTOGI

女子MMA創世期に活躍したが、試合の機会が少ないためにボクシングに転向していた元女王トーヒルが、2年2カ月ぶりにカムバック。対戦相手のフィンニーは4勝5敗と負け越している選手で、アンダードッグと見られていた――。


しかし、序盤のパンチの打ち合いは互角で、何とトーヒルはテイクダウンまで奪われてしまう。スイープ狙いから腕十字を仕掛けてところで、最初のラウンドが終了したが、トーヒルは思うように動けていない。2ラウンド開始早々、打撃の攻防の際にトーヒルの指がフィンニーの目に当たり、試合は一時中断。再開後、またもテイクダウンを奪われたトーヒルだったがブレイクとなり、打撃の攻防のなからテイクダウンを奪い返し、このラウンドを終える。

最終ラウンド、今度はトーヒルが先にテイクダウンに成功した。しかし、フィンニーも腕十字で反撃、かなりタイトに極まったかに見えたが、左腕を引き抜いたトーヒルがパウンドからパスに成功する。ここでヒザ蹴りを頭部に見舞ってしまったトーヒル。しかし、減点もなく、そのままの姿勢から試合は再開となり、最後の最後まで鉄槌を落とすなど、攻勢に出たトーヒルが判定3-0で勝利した。

減点もなく、反則を犯してポジションがそのままと、UFCではジャッジは任されてもレフェリーに任されることはないセシル・ピープルらしいレフェリング、そしてトーヒルが往時の切れがないのか、女子MMAのレベルが著しく上がっているのか、判断は次の彼女の試合まで待ちたい。

『PFC11』主要試合結果一覧へ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie