この星の格闘技を追いかける

【BFC57】シュレメンコ、シーズン2に続きシーズン5も制す

2011.11.13

Shlemenko<ミドル級トーナメント決勝/5分3R>
アレキサンダー・シュレメンコ(ロシア)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 29-28
ヴィトー・ヴィアナ(ブラジル)

【写真】同一階級でトーナメント2度優勝はシュレメンコが初めて(C)KEITH MILLS

距離を取った両者、サウスポーのシュレメンコが距離を詰めるが、ヴィアナはケージを背にして豪快なアッパーを放っていく。打撃では自信を持って攻めるシュレメンコに対し、組みついたヴィアナがボディにヒザを突き上げる。

逆にシュレメンコをケージに押し込み、右アッパーを放つヴィアナだが、パンチの距離になるとパンチを振るいながら下がるシーンが目立つ。シュレメンコのスピニングバックフィストは空振りになり、そのまま組みつくと、離れ際に左を放ち、続いてスピニングバックキックをボディに見せた。


回転系の打撃が多いシュレメンコは、右フックを入れるも、距離が近づくと、ヴィアナも大振りのフックを見せる。大振りのパンチが多いヴィアナは、空振りが増えるとスタミナに影響を及ぼしそうだ。

真っ直ぐ歩を進め、左フックから右を狙うシュレメンコだが、ヴィアナは首相撲で受け止める。距離を取った両者、残り1分となり下がるヴィアナを追いかけたシュレメンコが左フックを顔面に受ける。距離を詰めてからの打撃の追撃が少ないシュレメンコ、近距離ではパンチを被弾する場面も少なくなかったが手数で上回った1Rを終える。

2R、左ストレートを打ちながら真っ直ぐ前に出るシュレメンコに対し、ヴィアナは左に回りながら距離を測ろうとする。追いかけるような左の後ろ回し蹴りは届かないシュレメンコは、ヴィアナの右側にステップインし、パンチを振るう。

左ミドルから左ストレートをヒットさせたシュレメンコが、優勢に試合を進め、ヴィアナの手数が極端に少なくなる。右ストレートから、左のスピニングバックフィストというコンビネーションが多いシュレメンコ。ヴィアナはテイクダウンを合わせられそうなものだが、基本が下がりながらのファイトなのでカウンターで組みつくことができない。

スイッチしたシュレメンコに対応できないヴィアナは、再びサウスポーに戻ったシュレメンコの右フックを受ける。残り1分、ミドルをキャッチし前に出たヴィアナの急所にシュレメンコのヒザがヒットする。

再開後、右ジャブから左ストレートを伸ばしたシュレメンコに対し、ヴィアナも右を振るって前に出るが、バックスピンキックをボディに受け、すぐに前進は止められてしまった。

最終回、ジリジリと歩を前に進めるシュレメンコが、左右のフックをヒットさせると、ヴィアナはやはり下がりながらしか戦えない。シュレメンコのフェイントに反応し、バックステップするヴィアナは、前に出ることはできないが、意を決したようにヒザ蹴りから、大きな振りのアッパーを放っていく。

距離が近づいた位置では打撃戦を続けることができないヴィアナは、すぐに元の距離を取るが、ここでシュレメンコのスピニングバックフィストにダブルレッグを合わせて、バックへ回り込む。シュレメンコは胸を合わせると、ヴィアナは自ら距離を取る。

左ジャブを当てたヴィアナは、右フックを打ちこむが、シュレメンコが前に出ると、すぐに下がるために連続して攻撃を加えることができない。逆に余裕を持って攻めるシュレメンコは、サイドキックで距離を取り、左ボディから右ストレートを打ち込んでいく。

残り1分を切っても、試合展開に大きな変化は見られないまま、ヴィアナの左回りが続く。ヴィアナは逆にスピニングバックフィストを見せるも、姿勢を崩して引き込む。立って待ったシュレメンコは、試合終了間際のヴィアナのフライングニーも余裕を持ってかわし、試合はタイムアップに。

結果、3-0の判定勝ちを収めたシュレメンコが、シーズン2に続きミドル級トーナメントを制し、2度目のヘクター・ロンバードへの挑戦権を手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday