この星の格闘技を追いかける

【UFC136】ブラジル人対決はマイア勝利も大ブーイング

<ミドル級/5分3R>
デミアン・マイア(ブラジル)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
ジョルジ・サンチアゴ(ブラジル)

右リードジャブを伸ばすマイアに対し、右ミドルを放っていったサンチアゴ。マイアが組みついてドライブし、首相撲の体勢に取られるとすぐに距離を取る。マイアの左に、右ローを合わせるサンチアゴだが、正面での打ち合いでテイクダウンを奪われる。

ハーフガードのサンチアゴは足を戻し、すぐにスタンド戦へ。距離を潰したサンチアゴがケージにマイアを詰めるが、態勢を入れかえられる。再び体勢を入れかえたサンチアゴ、ここでマイアが距離を取る。

サウスポーのマイアに対し、左へ回るサンチアゴが右ハイを見せる。マイアも左右のフックからハイを見せて、再びテイクダウン。マイアがトップをキープし、パウンドを落としていく。クローズドガードのサンチアゴは蹴り上げを見せるが立ち上がることができない。

マイアは足を畳んでパスし、さらにパウンドを狙う。サンチアゴがこれをガードで耐えきるも、1Rはマイア優勢で終了した。2R、右ハイ、右ローを見せるサンチアゴ。アウトサイドに出ての打撃を心掛け、プレッシャーを掛けていく。左フックで前に出るマイアだが、これは距離が遠い。


するとサンチアゴが正面になったところで、マイアは左フックで距離を詰める。しかし、マイアは左を出すと頭が下がり、次の攻撃につなげられない。それでもテイクダウンを奪い、このラウンドも攻勢に出たマイア。フックガードのサンチアゴから、一瞬マウントを奪取しかかる。サンチアゴはここでもクローズドガードをとり、立ち上がったマイアに蹴り上げを狙う。

ブラジル人同士の対戦は、最近のUFCではあまり見られないトップ×ボトムのブラジリアンテイストの攻防が続く。ただし、こうなるとダメージがなくても、ガードを取るサンチアゴがポイントを得ることはない。大きなブーイングが起こるなか、2Rが終了した。

最終回、ここまでポイントを失っているサンチアゴはパンチで前に出るが、マイアにテイクダウンを許してしまう。今度はすぐに立ち上がったサンチアゴが、懸命に距離を取る。マイアの右フックに右を合わせようとするが、不発に終わり、シングルをスタンドで受けてバックを許す。

内股を狙うサンチアゴのバックに張り付くマイア、スイッチを仕掛けられたところでテイクダウンに成功した。ハーフからマイアが細かいパンチを落とすと、ワキを差したサンチアゴ。立ち上がったマイアを必至になって蹴り上げるが、足首を掴まれ立ち上がることはできない。

すると頭を殺したマイアがパスに成功。上四方に回ると発生するブーイングの中、サイドへ。サイドは左のパンチをボディ、右エルボーを顔面に落してタイムアップ。同時にブーイングはさらに大きくなったが、当然のようにフルマークでマイアが判定勝ちを収め、ここでもブーイングが起こった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie