この星の格闘技を追いかける

【UFN】ホジャUFC初勝利、グラップリングの強さ発揮

2011.09.18

<ライト級/5分3R>
ヴァグネル・ホシャ(ブラジル)
Def.2R3分49秒 by リアネイキドチョーク
コディ・マッケンジー(米国)

左ロー、フックを見せるホシャに対し、マッケンジーは左ハイを放っていく。左ストレートを伸ばしたマッケンジーは、ホシャの突進に両ワキを差す。一本を差し返し、ケージにマッケンジーを押し込んだホシャだが、ギロチンの仕掛けを察知して、自ら距離を取る。

ホシャの急所蹴りで、一旦試合は中断するが、再開後パンチの交換からホシャが組みついてテイクダウンに成功する。マッケンジーにギロチンを取らせなかったホシャは、マッケンジーのリバーサルの仕掛けを潰して、トップをキープする。バタフライガードにキムラ・アームロックを合わされそうになったマッケンジーは、そのままの体勢でスタンドへ。

腕を取ったまま、前方へ体重を掛けたホシャはバックに回り込み、シングルアームのリアネイキドチョークへ。殴られながらも、ケージを蹴り上げ、胸を合わせたマッケンジー。そのままスタンドに戻り左から右をのばしたところで、初回が終了するホーンを聞く。


2R、コディ・コールを背に受け、パンチ、蹴りを見せたマッケンジーは、ホシャのテイクダウン狙いにギロチンを仕掛ける。しかし、グラップラーとして数々の結果を残しているホシャは首を引き抜きハーフへ。さらにワキを差してきたマッケンジーにダースチョークを仕掛けた。そのままバックに回るがが、マッケンジーは回転してガードへ。ホシャはキロチンに掛からず、パス狙いから再びアームロックからバック、そのままマウントへ。

体を起こしてパウンドを落とすホシャは、ケージを蹴ってバランスを崩しに掛かるマッケンジーを殴りつけ、バックマウントへ。リアネイキドチョークを仕掛けると、マッケンジーは観念したようにタップ。ホシャがグラップリングの強さを見せつけ、UFC初勝利を絞めによる一本で手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie