この星の格闘技を追いかける

【UFC236】DWTNCS出身者対決らしい、ノンストップアクションはフレヴォラに凱歌

<ライト級/5分3R>
マット・フレヴォラ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ジェイリン・ターナー(米国)

試合開始直後からワンツーを振るって積極的に前に出るフレヴォラ。ターナーも蹴りを見せるが、フレヴォラが一気にテイクダウンを決めると、スクランブルでバックに回り込む。フレヴォラワンフックから両足をフックし、思い切りエルボーを落とすと、ターナーのロールについていき立ち上がろうとしてもバックマウントをキープする。

前方に落とされてもテイクダウン狙いを続けたフレヴォラは、右フックを当てる。ターナーは続くテイクダウンを切るも、最終的に低いダブルレッグに倒され、サイドで抑えられる。逆にスクランブルでギロチンを仕掛けたフレヴォラは、そのままマウントを奪う。
チョークを耐え、ケージを蹴ってマウントもエスケープしたターナーが右をヒットし、ダブルを切る。それでもフレヴォラが左右のフックで前に出たところで初回が終わった。

2R、コンテンダーシリーズ出身者同士のノンストップアクションはフレヴォラのワンツーをかわしたターナーが左を当てる。フレヴォラはテイクダウンを切られても右を振るって前に出て、右ミドルをいれる。そしてダブルレッグもターナーが、尻もちからすぐに立ち上がる。フレヴォラは気落ちを切らせず、右フックに続き左ジャブを届かせる。

フレヴォラはテイクダウンを取れなくなるが、打撃戦で長身&リーチに勝るターナーと張り合う。ヒザを被弾しながらシングルに出たフレヴォラはギロチンを防ぎ、ターナーのダース狙いも上を取り切る。ハーフで抑えてパンチを狙うフレヴォラだが、ターナーは手首を掴んで一発のパンチも許さない。続くスクランブルでフレヴォラはギロチンを仕掛け、引き込む。上を取ったターナーは、ここでフレヴォラの蹴り上げを顔面に受け、眼にダメージがあるとインターバルを要求する。試合はスタンドで再開となり、すぐにラウンド終了を迎えた。

フレヴォラの右ストレートで始まった最終回。ターナーが前進を右アッパーで迎え撃つ。ワンツーが交錯し、打ち勝ったターナーの後回し蹴りは空振りに。残り3分を切り、フレヴォラがダブルレッグでテイクダウンに成功する。三角狙いを外し、担ぎからハーフ、パスに成功したフレヴォラが、サイドで抑えてボディにエルボーを落とす。スクランブルに持ち込めないターナーだったが右を差して立ち上がり、右ヒザを突き上げる。

下がったフレヴォラは左回りを続け、そこをターナーがスピニングバックキック、ヒザで追い打ちをかける。フレヴォラは右を当て、ターナーはボディフック。それほど効かされていなかったのか、フレヴォラは最後にダブルレッグを仕掛けて試合終了を迎えフルマークの判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday