この星の格闘技を追いかける

【Quintet FN03】エルバイラ・カルピネンが段違いの強さを見せ、3人抜きでDEEP JEWELSに圧勝

<準決勝>
TEAM 10th Planet:リズ・カモーシェ、グレース・ガンドラム、エルバイラ・カルピネン、リラ・スマジャークルス、ファビアナ・ジョージ
Def. three fighters left
TEAM DEEP JEWELS:KINGレイナ、青野ひかる、奈部ゆかり、前澤智、富松恵美

首の後ろを取り、足を触りに行くカモーシェと柔道の足技から腰技を繰り出すKINGレイナのスタンド戦が続き、両者に指導が与えられる。再開後も立ちレスが続き、ボディロックに出たカモーシェをKINGレイナが払い腰で投げるがバックを取られる。引き込んだKINGレイナをハーフで抑えたカモーシェがマウントへ。ブリッジから上を取ったKINGレイナはハイガードから抜け出し、ニースライス。ハーフで抑えたKINGレイナのまたの下をくぐったカモーシェだが、正対に戻される。

ワキを差したカモーシェの立ち上がりに、KINGレイナもスタンドへ。残り2分30秒、KINGレイナの投げを跳ね返し、押し倒すようになったカモーシェがバックマウントへ。シートベルトでRNCの圧力を掛ける。手首を掴んで耐えるKINGレイナだが、右腕を右足でフックされる。腕を戻したKINGレイナが反転して上を取る。カモーシェはクローズドガードからフラワースイープを仕掛けて足を取りにいく。KINGレイナが上をキープし防御したところタイムアップ、痛み分けとなった。

次鋒戦はガンドラムと青野戦。座ったガンドラムがハーフへ。頭を抱えに来る青野にロックダウン、クローズドガードからハイガード、オープンガードへ。青野は一旦離れ、ガードの中に入るも、レフェリーが両選手に指導を伝える。スタンドからすぐに座ったガンドラムをがぶる青野。ガンドラムはハーフガード&ロックダウン、左腕を差すが青野がパスを決める。ハーフに戻したガンドラム、ここで両者に2度目の指導が掛かる。

頭を取り、アンクルピックでテイクダウンした青野は腕十字は防ぎ、サイドを取る。後方回転からガードに戻したガンドラムは腰を切り、顔を刈りに掛かり肩抜き後転&腕十字へ。青野はヒジを抜くも、ガンドラムはクローズから体を反転させバック狙いから、トラックポジションを取る。ここからガンドラムはツイスターもタイムアップとなった。

第3試合=中堅戦。10thプラネットはカルピネンの出番となり、奈部とのマッチアップに。座って足を取りに行くカルピネン、外掛けからトーホールドに入り25秒でタップを奪った。

第4試合、カルピネンと前澤は7キロ以上の差があり、試合時間は4分に。引き込んだカルピネンから離れる前澤。近づいてパス狙いのような動きから立ち上がる。前澤の組みに引き込みを合わせたカルピネンが、得意のデッドオーチャードから三角絞めへ。右手を送り、腕を取りつつ腕を伸ばす。トライアングルでマウントを取ったカルピネンは前澤のクラッチを切りに掛かり、同時に絞めていく。下になったカルピネンは右腕を伸ばし残り34秒前に一本勝ちを決めた。

崖っぷちのDEEP JEWELSは大将・富松が登場。カルピネンと14キロの差があるためにこの試合は4分ながら引き分けでも敗退が決まる。すぐにシッティングとなったカルピネンはヒザをついてパス狙いの富松に対し、キムラクラッチから背中を取りに掛かり、スクランブルに持ち込もうとした富松からバック&ワンフックを奪取する。絞めを警戒する富松のキムラクラッチにも背中を取り続けアゴの上からフェースロック気味に絞めをセットしていく。ドローでも勝ち目のない富松は防御一辺倒もカルピネンは、自らの手首を左手でつかんで引き上げ、RNCクラッチにとり3分58秒でタップを奪った。

結果、カルピネンが3人抜きで10thPlanetが決勝進出を決めた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie