この星の格闘技を追いかける

【DEEP87】初回を落としたDJ.taikiが、石司に競り勝つ。「相対的でなく絶対的な強さを求めている」

DJ vs Ishizuka【写真】初回は劣勢だったDJだが、2R、3Rと試合を支配していった(C)MMAPLANET

22日(土)に東京都文京区の後楽園ホールで開催されたDEEP87レビュー。第3弾は63キロ契約3回戦=DJ.taiki✖石司晃一戦の試合レポート及び、DJの試合後の共同インタビューの模様(※要約)をお届けしたい。


<63キロ契約/5分3R>
DJ.taiki(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
石司晃一(日本)

01構えを変えるDJがすぐに組み付いていく意外が立ち上がりに。しかし、離れた石司が右を当てる。DJはその後もスイッチを繰り返し、組みやローを当てるも石司が右を合わせ、ワンツーにつなげる。石司も時折りスイッチを見せるが、オーソ基調で右を伸ばす展開が続く。回る石司を追いかけたDJの左が顔面を捉える。続いてDJは左ロー、その直後に石司の右が届く。

02石司の右ストレートがDJの顔面を捉える数が多いなか、今度は左ミドルをキャッチしテイクダウンに成功する。そのまま石司はバックに回りこむ。すぐにスクランブルに持ち込み胸を合わせたDJ。石司は離れると、ここでも右を当てる。DJのスピニングバックフィストは空振りとなり、最後は石司のボディロックにヒザを突き上げながら初回を戦い終えた。

032R、サウスポーから勢いのある左ミドルを入れたDJ。初回のように前に出るだけでなく、一瞬のステップバックなどを見せて左ミドルを蹴り込む。さらに右を当てたDJに対し、石司は初回のような踏み込みができなくなる。その分、右が大振りになったところで組んだDJだが、逆にケージに押し込まれる。ここで石司が自ら離れると、DJが左ストレートをヒットさせる。

04続く組みの展開のなかで首投げを決めたDJ。石司が体を入れ替えたトップを取ると、DJはすぐに立ち上がり、投げの分ポイントをリードした。DJは左のパンチ、蹴りも左からのロー、ミドルがよく当たるようになり、そのなかでダブルを見せて石司を混乱させていく。

05真正面、中間距離の打撃戦で強味を発揮する石司に対し、DJはその位置で戦わないようフェイクを見せ、手数を増やす。スイッチから組んでいったDJだが、その直後にローでバランスを崩す。すかさずトップからバックを伺った石司、DJは同時に胸を合わせて上を取るとテンポ良いパウンドを落としラウンドを取り返した。

最終回、組みのフェイク、左前蹴り、そして左ローからニータップをDJが決める。すぐに立ち上がった石司がケージにDJを押し込むが、倒せる気配はなく自ら離れる。打ち合いに持ち込めず、組んでも押し込み以上のない石司に対し、DJが左ミドルを蹴り込む。石司の右ストレートからのダブルを切ったDJ。石司のテイクダウン狙いが、どんどん真正直になっていく。

06DJは徹底してテイクダウンを切り、逆にダブルを狙う。石司もここはテイクダウンを許さず、前に出ると左ミドルをキャッチして逆にテイクダウンに成功する。しかし、石司はしっかりと密着することなく、淡泊な抑えでDJをスタンドに逃してしまう。DJは石司と対照的に、譲ってはいけない場面で粘りを見せ、テイクダウンを許さず左を連続で当てていく。

07石司の右よりも自らの左が当たるようになっても、もると、DJは必要以上の打ち合いを避けダブルレッグからバックに回りポイントメイクにも成功、そのままタイムアップに。DJが2&3Rをとり逆転で判定をモノにした。

正攻法の力勝負で、自分の戦いになると強さを見せる石司だが、そうならない戦いにおいてテイクダウン後や、ケージ際の攻防での淡泊さが気になった。

63キロのキャッチウェイト戦に勝利したDJの大会後の共同インタビューでのコメントは以下の通りだ(※要約)。

■「石司はアレですよ、八つ当たりにあった(笑)」

08──試合を振り返り、今の気持ちを教えて下さい。

「足が痛いです(笑)。まぁ勝てて良かったという試合です。今回ね、本当に相手の映像がなくて。いつもは相手の映像を視て研究するのが、DEEP FIGHT GLOBALが潰れたおかげで本当になくて(苦笑)。もう、どうしようかなって思って……とにかく色々とやってみようか、みたいな感じで。組みもやるし打撃もやる、それしかなかった。相手がどういう選手か分からなかったので。

映像が上迫選手との試合しかないから、打撃が弱いという印象しかなくて。でも、勝っている試合が多いから謎でしたね。戦績からするとスタンドの選手っぽいから、寝技でいったほうが良いのか。でもテイクダウン・ディフェンスが強いという情報もあったし。探り探り、色々やるしかなかったです」

──実際に戦ってみてどうでしたか。

「意外に組みへの対応が上手かった。昔の自分に近い、とにかく寝ない……テイクダウンも取られたし……。今回は拘ったちゃダメ、軽くやるしかなかったです」

──そこで競り勝つことができました。

「やっぱりガッツですよね、気持ち。今回は職場でムカつくヤツがいたから、あのヤローへの怒りをぶつけました。石司はアレですよ、八つ当たりにあった(笑)」

──契約体重戦については?

「嫌ですよね。でも、フェザー級は相手が弱いヤツしかいない。弱いヤツと戦うとギャラを下げられるから、そんなの嫌でしょ? だったらキャッチでいないですかって、ことで。今後はフェザー級でやりたいです。減量はしたくない。減量は格闘技に対して良くない。軽いのは良いけどキツイ減量に頑張った時点で、格闘家としてどうかと思います」

──2019年はフェザー級でやっていくと?

「フェザーでやりたいですね。間の階級があれば良いけど、バンタム級まで落とすのはナンセンスかなと思います。絶対的な強さより、相対的な強さを求めるようになってしまうので。バンタム級で頑張った俺が、絶対的に強いと思わない。相対的な強さを求めるのは、格闘家としてどうかな、と」

──DEEPフェザー級王者は弥益ドミネーター聡志選手です。

「その辺に関しては、ノーコメントにしておきましょうか」

──では2019年への抱負をお願いします。

「格闘技を続けること。俺は常にそういう気持ちでやっているので。頑張って格闘技をやる!! モチベーションを保つ、頑張る。だから罰則ばかりでなくて、餌が欲しいです」

──なるほど。ところで北岡選手から、試合後に何かありましたか。

「結構、すぐに帰っていましたよね。『もう帰るんですか?』みたいな(笑)。とにかく面白かった、金が取れる試合だと言っていました」

──北岡選手の大晦日につなげることができました。

「あぁ……彼は選手の勝ち負けを気にする人だから、いくらかはプラスになったと思います」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie