この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC33】計量終了 アトム級王者フレイにとって正念場の初防衛戦。モーヴィル1階級分のオーバー

Invicta FC33【写真】相変わらずのバキバキボディを披露したアトム級世界王者(C)DAVE MANDEL/INVICTA FC

15日(土・現地時間)にミズーリ州カンザスシティのスコティッシュ・ライトテンプルで開催されるInvicta FC33「Frey vs Grusander2」の計量が14日(金・同)に行われた。


メインはInvicta世界アトム級選手権試合=王者ジン・ユ・フレイにミナ・グルサンデルが挑む一戦だ。両者は7月のインヴィクタFC30で王座決定戦を戦い、3Rのフレイ以外は判断が難しい展開が続き、互いに効果的な攻撃がないなか打高組低の風潮がそのままポイントに反映されるようにフレイがアトム級王者に輝いた。

ダイレクト・リマッチは王者にとっても正念場、勝負に行く姿勢が問われる初防衛戦となる。セレモニアル計量ではチャレンジャーは余裕か笑みを見せ、王者は終始厳しい顔つきをしていた。

今回、ストロー級でブリアナ・ヴァンビューレンと対戦するジェイミー・モーイルが、あろうことか 125.1ポンドとフライ級のリミットを上回る体重超過に。ヴァンビューレンは115.2ポンドで両者の体重差は4.5キロもあるが、25パーセントのファイトマネーの没収で──フライ級戦として試合は行われることに。階級制の意味を持たない反スポーツマンシップに則ったファイトの強行といっても過言でない。

なお今大会でインヴィクタ初陣が予定されていた村田夏南子は、負傷欠場に。対戦相手のシャロン・ジェイコブセンは激闘だった藤野恵実戦以来の実戦をケイ・ハンセンと戦うこととなっている。

■ Invicta FC33計量結果

<Invicta世界アトム級選手権試合/5分5R>
[王者] ジン・ユ・フレイ: 104.5ポンド(47.4キロ)
[挑戦者] ミナ・グルサンデル: 104.8ポンド(47.53キロ)

<ストロー級/5分3R>
ダニエル・テイラー: 115.1ポンド(52.2キロ)
モントセラト・ルイス: 114.8ポンド(52.07キロ)

<フライ級/5分3R>
ケイ・ハンセン: 114.8ポンド(52.07キロ)
シャロン・ジェイコブセン: 115.3ポンド(52.29キロ)

<アトム級/5分3R>
アンバー・ブラウン: 104.6ポンド(47.44キロ)
アリーシャ・ザッピテーラ: 105.7ポンド(49.94キロ)

<ストロー級/5分3R>
ジェイミー・モーイル: 125.1 ポンド(56.74キロ)
ブリアナ・ヴァンビューレン: 115.2ポンド(52.25キロ)

<バンタム級/5分3R>
サラ・クレツカ: 135.2ポンド(61.32キロ)
ブリトニー・グリッゼル: 135.8ポンド(61.59キロ)

<アトム級/5分3R>
アシュリー・メディーナ: 105.4ポンド(47.8キロ)
アナスタシア・ニコラカコス: 104.8ポンド(47.53キロ)

<フライ級/5分3R>
シャンテル・コーツ: 126ポンド(57.15キロ)
アシュリン・クレインベック: 125.1 ポンド(56.74キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie