この星の格闘技を追いかける

【UFN140】打撃とテイクダウンの削り合いで、ローを効かせたラマスがエルキンスを振り切るパウンドアウト

<フェザー級/5分3R>
リカルド・ラマス(米国)
Def.3R4分09秒by TKO
ダレン・エルキンス(米国)

互いに低い姿勢から左ジャブを伸ばし、エルキンスのローが急所に当たったラマスが左ハイを蹴っていく。直後にテイクダウンに成功したラマスだが、エルキンスが立ち上がってケージに押し込む。シングルに出たエルキンスはパンチを織り交ぜながらテイクダウンのタイミングをうかがう。回り込んで離れたラマスは右ロー、右アッパーを見せて左ハイを繰り出す。

パンチで前に出たエルキンスが左ミドルを入れて、ボディロックへ。ケージにラマスを詰めるもテイクダウンは奪えない。体を入れ替えながらケージレスリングから、ラマスが離れて試合は打撃の間合いへ。左フックを打ち合った両者、エルキンスが右ストレートに続き左ミドルを蹴っていく。続くコンビはハイキックとしたエルキンスが、ニータップでテイクダウンを奪い背中を取ると、胸を合わせてきたラマスにダブルレッグを決めてテイクダウン、バックに回り初回を取った。

2R、ラマスのローにワンツーフックを打ち込むエルキンス。ラマスは打撃でいくと見せかけてテイクダウンを決めるも、エルキンスはネルソンからのリバーサルでスタンドへ戻る。ラマスの左ハイを顔面に受けながらテイクダウンを狙ったエルキンスだが、足を抜かれニータップに失敗する。

ラマスは鋭い右ローを蹴り、うち回し蹴りもテイクダウンを合わされてしまう。バックを取られそうになったラマスがギロチンから、体を反転させてサイドバックを奪取。下になったエルキンスがヒールの仕掛けからスクランブルとなり、揃ってスタンドに戻る。立ち技でも攻守を入れ替える中、ラマスのローでエルキンスが大きく姿勢を乱す。懸命に前蹴りで距離を採ろうとするエルキンスに対し、ラマスが後回し蹴り。ローでなくパンチでせめてきたラマスに組みついたエルキンスがケージに押し込む。回り込んで離れたラマスが左ハイ、出血し顔を真っ赤に染めたエルキンスは、ダメージが蓄積してきたか。

左足を入念にアイシングされて最終回に挑むエルキンスだが、すぐに脹脛を2度蹴られる。ラマスはテイクダウン狙いを見せて、前に出てくるエルキンスの目先を散らすもローを蹴ることなく組みつかれる。離れたエルキンスは左右のオーバーハンドで前に出ると、ラマスのテイクダウン狙いを切る。ここで右ローを蹴られ、動きが一瞬止まってしまったエルキンスは組んで、ケージを押し込みにかかる。

体を入れ替えエルボーを当てて離れたラマスが、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。パスから左エルボーを思い切り落としたラマスは、ハーフに戻されもパンチを続ける。ラマスは立ち上がってパンチを狙い、エルキンスは蹴り上げを狙うも捌かれパウンドを被弾。ラマスがサイドに回りつつ右の鉄槌を思い切り落とし、エルボーを打ち込んだところでレフェリーがストップ。エルキンスは納得いっていないが、致し方ないストップだった。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday