この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX30】元世界ストロー級王者のイェンジェチックが再起。トーレスをフルマークの判定で下す

<女子ストロー級/5分3R>
ヨアナ・イェンジェチック(ポーランド)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ティーシャ・トーレス(米国)

左ジャブから右を伸ばすイェンジェチックに対し、トーレスは左ロー。イェンジェチックは足を使いながら、左ジャブで距離を取る。トーレスがダブルレッグからイェンジェチックをケージに押し込むが、イェンジェチックは倒れず、トーレスのボディにヒザを突き刺す。差し替えしたイェンジェチックが体制を入れ替え、逆にトーレスをケージに押し込む。しかしトーレスも外掛けからイェンジェチックをコントロール。再びイェンジェチックをケージに押し込む。

ケージ際で差し合いが続くなか、イェンジェチックが押し込みながら右ショートと右ヒザ。トーレスは首相撲に持ち込もうとしたところで、イェンジェチックは腕のロックをはずしてトーレスのクラッチを解こうとする。ここでシングルレッグに切り替えたトーレス。しかしイェンジェチックは倒れず、1Rを終えた。

2R、イェンジェチックがワンツー。中に入れないトーレスはロー。イェンジェチックも右ローを返す。イェンジェチックが左ストレートをボディに伸ばすと、トーレスはその左に右をかぶせる。トーレスが前に出ると、イェンジェチックは左右のミドル。サークリングするイェンジェチックに対し、プレッシャーを強めたトーレスは、イェンジェチックがケージを背負ったところで組み付く。両脇を差しながら、時折シングルレッグに切り替えるトーレス。イェンジェチックは離れてケージ中央へ。顔面からボディへとワンツーを放ち、左右のローで距離を保とうとする。

ラウンド終了10秒前、パンチの打ち合いからトーレスが組み付き、ハイクラッチでイェンジェチックをケージに押し込んだところで、ラウンド終了のブザーが鳴った。

最終R、イェンジェチックがローから左右のパンチを振るい、明確なヒットはないが手数で上回る。トーレスがプレッシャーを強めるが、ローとストレートで中に入れさせないイェンジェチック。ローとパンチで前に出るトーレスに対し、イェンジェチックが右ストレートをヒットさせる。さらにトーレスのボディに右ヒザを突き刺したイェンジェチック。
トーレスは中に飛び込み、イェンジェチックをケージに押し込むが、イェンジェチックは倒れない。

ここで自ら離れたトーレス。イェンジェチックはストレート、さらに前蹴り。トーレスはシングルレッグへ。イェンジェチックに手を着かせ、さらにケージへ押し込んだが、テイクダウンを奪うことはできない。ケージ際の攻防で最終ラウンドは終了した。

判定はフルマークでイェンジェチック。昨年ナマジュナスに世界ストロー級のベルトを奪われ、さらにナマジュナスに連敗を喫していたイェンジェチックが再起を果たした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday