この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC30】ヘザー・クラーク、危なげなくキンバリー・ノヴァスに判定勝ち

<ストロー級/5分3R>
ヘザー・クラーク(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
キンバリー・ノヴァス(ブラジル)

いきなり右ストレートを当てたクラークが、左ミドルを続ける。大きな振りのパンチから組みついたノヴァスはダブルレッグでテイクダウンを狙う。左腕を差して耐えたクラークは、ケージを背にしてテイクダウンを防いでいく。2分近くを賭けてヒザをつかせたノヴァスだが、クラークは立ち上がり体を入れ替える。ノヴァスも右腕を差して我慢の時間が続く。残り70秒でクラークが離れる。ノヴァスは左を振るって組み付くも、クラークが大内刈りでテイクダウンに成功し、エルボー&鉄槌を落とす。フルガードを取って凌いだノヴァスだが、初回を落とした。

2R、ノヴァスは左ローを蹴り、体を振って左から右とパンチを伸ばす。回ってかわすクラークがワンツー、ノヴァスもワンツーで前に出るも、クラークが左ジャブを当てる。試合はクリンチゲームになり、ノヴァスがクラークをケージに詰める。ヒザを突き上げ、体を入れ替えたクラークはエルボーを狙う。離れたクラークにノヴァスが左ミドルを蹴り、スピニングバックフィストを繰り出す。

クラークは左ジャブ、右ストレートを伸ばし、ダブルレッグを決める。スクランブルからバックに回ったクラークは前方に落とされそうになりながら、頭を支点にして耐える。乗り過ぎの状態でもバックを制し、パンチを入れたクラークがこの回も取った。

最終回、左ローを2つ蹴ったノヴァスが、組んでクラークをケージに押し込む。逆転勝ちにはフィニッシュが必要なノヴァスだが、このまま時間が過ぎていく。ダブルレッグを耐え、ギロチンを仕掛けたクラークは残り2分30秒で離れシングルレッグを仕掛ける。反転し、足を抜いたノヴァスはがぶってバックへ。クラークは手首をつかんで殴られないようにし、スクランブルへ。前転したクラークから両足をフックしたノヴァスだが、絞めに移行する時間はなくタイムアップに。

結果、クラークが3-0の判定勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY