この星の格闘技を追いかける

【WJJC2018】ルースター級。澤田伸大、かく戦えり──サワダバーで一本と世界王者を体感

Sawada【写真】初の黒帯ムンジアル、2回戦で絶対王者マルファシーニと対戦した澤田(C) SATOSHI NARITA

5月31日(木・現地時間)から3日(日・現地時間)にかけて、カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。ブラジリアン柔術の頂点を極める同大会レビュー、まずはルースター級に出場した澤田伸大の黒帯ムンジアル初挑戦を振り返りたい。


01<ルースター級1回戦/10分1R>
澤田伸大(日本)
Def. 5分58秒by 腕十字
アレクシス・バラガン(メキシコ)

まず引き込んだ澤田は、バラガンの右足に自らの右足を内掛けで絡ませる。バラガンは澤田の左足のズボンを掴んでコントロールを試みるが、澤田はそれをさせない。やがてファーサイドにある相手の左腕を内側からたぐった澤田は、自由になった左足をスイングして相手の首にかけ、必殺のサワダバー狙いに。

両腕でグリップを作った澤田は、相手の左腕を引きつけながら左足を相手のワキの下にねじ込むことに成功する。ステップオーバーしようするバラガンの左足を抱えて左腕を伸ばしたい澤田だが、バラガンも亀で体を縮める形で防御している。やがて場外近くで展開が止まり膠着すると、レフェリーがブレイク。澤田に1アドバンテージが与えられてスタンドで再開となった。

02再開後両者が座るも、バラガンが上を選択してアドバンテージを取り返す。先ほどと同じように右足に右足を絡めた澤田は、低い姿勢でパスを試みるバラガンの左腕を狙っている。その左腕を再び内側からフックした澤田は、再び左足をバラガンの首に掛けてのサワダバー狙いに。亀でなんとか守ろうとするバラガンだが、マットに顔を付けるような形で極めにいった澤田は、クラッチを切ることに成功。約5分半経過時点にて、バラガンの左腕を伸ばしてタップを奪ってみせた。

初の黒帯・世界の舞台において、必殺技での一本勝ち。相手側にその狙いが明らかでありながら、それでも極めてしまうところにこの技の完成度の高さが伺える。価値ある勝利をあげた澤田は、大会4連覇中にして9度世界を制した絶対王者、ブルーノ・マルファシーニとの対戦に駒を進めたのだった。

03<ルースター級2回戦/10分1R>
ブルーノ・マルファシーニ(ブラジル)
Def.3分38秒 by 片羽絞め
澤田伸大(日本)

澤田の襟を掴みながら、まずはマルファシーニが座る。澤田がその左足首を抱えると、アキレス腱固めを警戒したかマルファシーニは右足一本ですっと立ち上がって左足を抜いてみせた。こうした何気ない動きの中にも、絶対王者の人間離れした身体能力が窺われる。

スタンドに戻ると、組んですぐに左手で澤田の右足を抱えたマルファシーニは、右手で掴んでいる襟を引いて回してテイクダウン。と、次の瞬間流れるように澤田の右腕を取って腕十字狙い。ちょうど澤田が一回戦でサワダバーを極めたときのような形になったマルファシーニは、腕を抜こうとする澤田の動きに乗じて上を取った。

04そのままハーフで胸を合わせて澤田の上半身を殺したマルファシーニは、絡んでいる足を横に飛びながら解除してパスに成功。さらにニー・イン・ベリーを作って7-0に。上で身軽に動くマルファシーニに合わせて澤田は足を絡めようとするが、マルファシーニはそれを難なく防ぐ。半ば背を向けた形で体を丸めて守ることを余儀なくされた澤田の足を手で押さえたマルファシーニは、ヒザを上げストンピングを放つようにマウントを取った。

05そこからクロスチョーク狙いを見せたマルファシーニは、ブリッジを試みた澤田の動きに乗じてすかさずバックを奪って点差を15-0と広げる。さらに澤田の襟深くに手を差し込んだマルファシーニは、ボー&アロー・チョーク狙いから最後は片羽絞めへ。僅か4分足らず、絶対王者がまさに恐るべき強さで圧勝した。

ともあれ自らの必殺技で一本勝ちを収めた後、世界最強の男の底知れぬ強さを体感──澤田の世界初挑戦は当然悔しさを伴うものの、これ以上ないほど贅沢にして、何物にも変えがたいほど貴重なものとなったに違いない。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY