この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#1】ワリエフがテイクダウン&コントロールで、打の圧力勝負のコガを下す

<フェザー級/5分3R>
チムール・ワリエフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
マックス・コガ(ドイツ)

コガの蹴り足をキャッチし、パンチを入れてテイクダウンを狙ったワリエフ。コガがケージを背に耐えると、すぐに離れる。構えを変えて戦うワリエフがダブルレッグを決め、コガはバタフライガードから立ち上がろうとする。即、ボディロックからバックを狙ったワリエフに対し、コガがガードを取り直す。ウィザードの状態で立ち上がったコガバックを許さず、ワリエフが離れる。

ワリエフは右ローを蹴り込み、ワンツー。リーチで優るコガが左ジャブも、左ミドルを受ける。コガが右オーバーハンドで圧力を掛け、蹴りに右を合わせる。さらに右ストレートを届かせたコガは終盤にペースを掴んだようにも見えた。

2R、左ミドルから前に出るワリエフだが、コガの左を被弾して尻餅をつく。すぐに立ち上がったワリエフは打撃が荒くなり、コガの左ジャブを貰う。それでもダブルレッグでテイクダウンを決めたワリエフ。コガはバックを許さず前転からヒザ十字を狙いつつ、ガードに戻す。それでも立ち上がり際にワリエフがバックを取りに行くため、立ち上がることができなかったコガが、スイープ狙いからスクランブルに持ち込んでスタンドに戻る。

明らかに疲れが観えるワリエフは、自らの右ハイでバランスを崩す。圧を強めるコガを懸命に蹴りで突き放すワリエフ、押され気味でも決定的なパンチをこれ以上許すことはなかった。

最終回、まずワリエフが左ミドルを入れる。コガもテイクダウンのフェイクからヒザや左を振るって流れを譲らない。ワリエフのダブルレッグを切ったコガが、アナコンダチョークへ。引き込んだコガに対し、頭を抜いたワリエフがトップからパウンドを落とし、パスを狙う。ガード&ニンジャチョーク、さらにキムラを仕掛けたコガ、これを支点にガードに戻り立ち上がる。

軸足を変えた蹴りを繰り出すワリエフに対し、コガはアッパーを空振りする。右を入れ、左ジャブをダブルで当てたコガだが、ワリエフも右ローに続き、右フックを打ち込む。ボディからロー、右オーバーハンドと勢いを取り戻したワリエフ、この動きを試合終了まで続けることができるか。

肩で息をしながら拳を振るい、蹴りを繰り出すワリエフ。コガのシングルレッグを大きく後方に飛びながら防ぐなど、ワリエフは最後までスタミナを持たせタイムアップに。初回はワリエフ、2Rはコガのダウンとワリエフのテイクダウン&コントロールのどちらをジャッジが支持するか。そして最終回は手数とアグレッションの争い、果たして──、ジャッジは3‐0でワリエフを支持した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY