この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX26】サークノフの打撃で劣勢──と思いきや、ワンテイクからテイシェイラがパウンド葬

<ライトヘビー級/5分3R>
グローバー・テイシェイラ(ブラジル)
Def.1R2分45秒by TKO
ミシャ・サークノフ(カナダ)

サークノフが左ロー、左ハイと足技で揺さぶりをかける。ジャブで前に出るテイシェイラにロー、前蹴りを入れてから左ストレートを伸ばす。テイシェイラも右ストレートを返すが、接近戦でヒザを受け、離れても左ストレート、右フック、左ミドルと攻められる。勢いを増して攻めるサークノフは左右のパンチを入れ、ハイキックを狙う。ここでテイシェイラは組んで両ワキを差してテイクダウン、そのままバックに回って両足をフックしRNCへ。

サークノフの動きに合わせてマウントに移行したテイシェイラ。再びバックマウントに入ると背中が伸びたサークノフを殴りつけ、一気に勝負をつけた。「この年になると、皆が疑ってくる。でも、しっかりと練習し急がないように戦った。全ての局面で危険でないとね。コーミエーは『エキサイトな試合をすればタイトルを掛けて戦おう』と言ってきたんだ」と、しっかりと寝技でケリをつけた勝負を振り返った。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY