この星の格闘技を追いかける

【DEEP80】釜谷、届かず。ソン・ジンス強し、判定3-0で王座に王手

<DEEPバンタム級挑戦者決定戦/5分3R>
ソン・ジンス(韓国)
Def. 3-0:30-2630-27.30-27
釜谷真(日本)

ローを蹴り合う両者。ソンが右を伸ばす。釜谷は左に回りながらジャブを放つ。互いに顔面の前に拳を持っていき、圧力を掛け合う。右を振って笑顔を見せたソンに対し、釜谷は右フックを当てる。回ってロー、続いてジャブを伸ばす釜谷だったが、右を被弾してダウンする。バックを許さず立ち上がった釜谷は組んで、窮地を逃れようと試みる。残り1分、離れたソンはワンツーで前に。下がって距離を取った釜谷は左ハイから右を伸ばしたが、初回を落とした。

2R、左ジャブ、上下の蹴りと左で攻撃する釜谷。ソンも左ローを返す。右を振って前に出る釜谷が左フックをヒットさせる。下がらないソンに対し、テイクダウンのフェイクからパンチを当てた釜谷は動いてジャブを伸ばす。ソンは右を当てて前に出るが、釜谷も右を返す。釜谷は左ミドルを蹴り、突破口を開けようとする。引かない両者、回転バック拳をかわした釜谷だが、右フックを当てられる。

ソンの右にカウンターを狙う釜谷だが、右フックでバランスを崩す場面も。ソンは左ミドルを入れ、左ジャブを伸ばす。さらに左を被弾した釜谷の右は空振りに。残り10秒でシングルを仕掛けた釜谷はこれを切られ、接近戦で右のショートを被弾。試合は最後の5分に。

ラウンド開始直後に右を当てた釜谷、続けて右フックを打ち込む。ここで組み、ケージに押し込んだ釜谷が離れて打撃の間合いで。ここでも釜谷は右を当てる。打ち合いのなかでソンの左がヒット、続いて右から左を被弾した釜谷がケージに下がる。回って距離を取った右を避けたソンに対し、釜谷が左ジャブを当てる。ソンも左ジャブを続け、釜谷は左から右を当てるがヒジは空振りに。直後にソンが右をヒットさせる。

残り時かが少なうなり、ソンの左で釜谷の腰が沈んだように見えたが、直後に右をヒットさせる。釜谷のスピニングバックフィストを防いだがソンが、同じ技を返す。ソンはワンツーを当て、残り10秒でバックに回ってテイクダウンで試合を締めくくった。

「次の大塚選手の試合で必ず勝ってチャンピオンベルトを巻きます」と勝者は話した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie