この星の格闘技を追いかける

【RFC39】試合結果 黒部王座奪取ならず、朝倉は初黒星。世志琥はアメリカーナで一本&荒井は判定勝ち

Road FC39【写真】日本勢は2勝2敗、男子選手の苦戦は目立つ(C)KAORI SUGAWARA

10日(土・現地時間)、韓国はソウルのチャンチュン体育館でRoad FC39が行われ、日本から出場した3選手は2勝2敗ながらタイトル戦、タイトル挑戦権という試合に出場した黒部三奈、朝倉海は敗れてしまった。

ロードFC女子アトム級王座決定戦でハム・ソヒと対戦した黒部は、初回のピンチを乗り切り2Rから組み技で反撃へ。しかし、3Rにそのグラップリングの展開でバックを許しハム・ソヒのパウンドの前に涙をのんだ。一方、朝倉はフライ級王座挑戦権獲得を目指しムン・ジェフンと相対したが、初回から右ストレートを被弾するシーンが多く、ダメージを蓄積して3Rにキャリア初黒星となるKO負けを喫した。

世志琥は前回より、落ち着いた試合展開でチョン・ソンユを腕関節で返り討ちにし、Young Guns出場の荒井みかはホ・ユンハに判定勝ちを収めている。


Road FC39
<Road FC女子アトム級王座決定戦/5分3R+Ex1R>
○ハム・ソヒ(韓国)3R4分12秒
TKO
詳細はコチラ
×黒部三奈(日本)
<無差別級/5分3R>
- ミョン・ヒョンマン(韓国)1R
NC
詳細はコチラ
- アオルコロ(中国)
<女子無差別級/5分2R>
○世志琥(日本)1R4分47秒
アメリカーナ
詳細はコチラ
×チョン・ソンユ(韓国)
<フライ級/5分3R>
○ムン・ジェフン(韓国)2R2分39秒
KO
詳細はコチラ
×朝倉海(日本)
<ライト級T最終予選/5分3R>
○ラファエル・フィジエフ(キリギスタン)1R3分15秒
TKO
詳細はコチラ
×キム・スンヨン(韓国)
<無差別級/5分R>
- シム・ユンジェ(韓国)1R
NC
詳細はコチラ
- キム・チャンヒ(韓国)
<80キロ契約/5分3R>
○ラ・インジェ(韓国)2R
判定
×チャ・インホ(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○キム・セヨン(韓国)2R
判定
×イ・ジョンヨン(韓国)
<ライト級T中国予選 /5分2R>
○バオ・インカン(中国)1R1分38秒
RNC
×ワン・ミンウ(中国)
<女子アトム級/5分2R>
○荒井みか(日本)2R
判定
×ホ・ユンハ(韓国)
<バンタム級/5分2R>
○キム・ヨング(韓国)1R3分18秒
腕十字
×キム・ウビン(韓国)
<ライト級/5分2R>
○キム・ヨハン(韓国)2R
判定
×イム・ビョンハ(韓国)
<ウェルター級/5分2R>
○イ・ジンギュ(韓国)2R
判定
×スチュアート・グッチ(英国)
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie