この星の格闘技を追いかける

【Bellator175】常識外の体格差を覆し、キング・モーが判定勝ち。MSGでベイダー戦決定!!

<ヘビー級/5分3R>
キング・モー(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
クイントン・”ランペイジ”・ジャクソン(米国)

まるで体格が違うランペイジとモー。左ジャブを出し合う両者は、やはり同じ階級ではない。ジリジリと前に出たモーが左フック、ランペイジも左を返す。モーはボディストレート、続いて右フック。ランペイジは待ちの態勢で頭を振ってモーに打たせる。組み合いになると、モーがランペイジを金網に押し込んでダブルレッグ。モーはアンクルピックからバックを制し、前方に崩していこうとする。後方からパンチを顔面に入れるモーに対し、ランペイジは胸を合わせることはできない。

ヒザ、左パンチを続けるモーはシングルレッグでリフトしてテイクダウン。ランペイジは左腕を差すことができずハーフで抑えこまれた。それでもランペイジが左腕を差して立ち上がったところで初回が終わった。

2R、ランペイジが左フック。右を入れて、ワキに回り込むように動くモーがスピードでかく乱し、組んでいく。アンクルビックでテイクダウン狙い、右を差し上げたモーがヒザ蹴りからダブルへ。頭を刈って耐えるランペイジ、レフェリーがブレイクを命じる。モーのジャブ、ランペイジも右フックを振るっていく。右から左を当てたランペイジ、下がりながらパンチを被弾したモーが組み付く。

ケージに押し込みながら、岩のように動かないランペイジに対し、モーは自ら離れる。ケージ中央の組み合いのなかで体落としを狙ったランペイジ。同体から立ち上がったモーだが、厳しいラウンドとなった。

3R、右から左を伸ばすランペイジ。モーは遠い距離から組んでシングルレッグへ。頭を抱えた耐えるランペイジが左を差し返す。それでも執拗にレスリングを続けるモーは、シングルレッグからダブルに移行するも、ケージを背にしたランペイジは倒れない。首相撲からヒザ蹴り、右アッパーを狙ったランペイジに対し、離れたモーがすぐにダブルからシングルへ。パンチから組みにいくモーは、ケージ中央のランペイジにダブルレッグからバックに回り込む。

懸命に離れたランペイジを追いかけて、ボディの連打。さらにパンチを続けると、スタミナ切れのランペイジが苦しげな表情を浮かべる。アッパーをボディに入れられ、離れたランペイジにモーはパンチからシングルへ。最後は左フックを入れたモー、ショートの連打&ヒザを返したランペイジ。

初回のテイクダウンでポイントを取り、疲れて2Rを落としたモーは、最終回に疲れたランペイジに終始テイクダウン狙いから、打撃戦を仕掛け30‐0で判定勝ちを手にした。

と、勝利者インタビュー中のキング・モーに対し、ライアン・ベイダーがサークルケージに上がり、6月24日のMSG大会での対戦が発表された。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie