この星の格闘技を追いかける

【Bellator175】ランペイジとの再戦を前に――キング・モー <02>「UFCの水は合わないだろう」

King Mo【写真】ランペイジとの戦いよりも、RIZINについて話すほうがずっと多弁だったキング・モー(C)KEITH MILLS

31日(金・現地時間)、イリノイ州ローズモントのオールステイト・アリーナで行われるBellator175「Rampage vs King Mo 2」でランペイジ・ジャクソンと対戦するキング・モーのインタビュー後編。

ランペイジを鼻にもかけないキング・モーはRIZIN、そして日本の戦いについて能弁に語り、UFC論を展開した。
Text by Keith Mills

<キング・モー インタビューPart.01はコチラから>


――そのサトシ・イシイ戦後には2年連続でRIZINの年末イベントに参戦。今回はミルコ・クロコップに敗れしまった。

「日本は俺に本当に多くのことを与えてくれるんだ。良い思い出が詰まっている。何度も激闘を繰り広げ、多くのファイターが育った場所だからな。

RIZINで戦えてクールだ。ただ、時差ボケには悩まされた。2週間で米国からヨーロッパ、帰国して日本と全く違う時間帯を行き来していたからな。アッパーカットを打ち込まれる前にキャッチすべきだったんだけど、あの大きさに対し、しっかりと準備ができていなかった。

イシイの時と同じ感覚で戦い、クリンチにいかずにクロコップと対峙してしまったんだ。ずっとイシイ戦を想定したトレーニングしかしていない状態だったから」

――イシイもミルコも日本ではいざ知らず、米国のファンの間にはそれほど名前が浸透しているファイターではないよね。

「そんなことは関係ない。俺は世界のベストの連中と戦っているだけだ。一昨年はRiZINトーナメントで優勝できた。205ポンドのチャンピオンとして、ヘビー級トーナメントで昨年は戦った。元チャンピオンになることを恐れる必要はない。また、一仕事しようって思うだけだからな。

そのRIZINのベルトを含め、UFCが3本、Bellatorが2本。これだけのベルトがATTにあるんだ。チャンピオンになるために戦い、他にチャンピオンがいることでインスピレーションを得ることができる。常に未来に向けて、より強くなれる環境がATTにはあるんだ」

――これからもBellatorとRIZINの両方で戦っていくつもりかい?

「俺にとっては同じだ。ビッグマッチを戦うことをファイターとして優先している。違いはRIZINは日本のファイト文化の下で行われているということぐらいだ。朝起きて会場までドライブしてくれる。そしてリングで戦う。それだけ。何も気にすることはない。

あぁ、違いがあるとすればファンだな。米国のファンは応援とブーイング。日本のファンは勝とうが、負けようが拍手を送ってくれる。やっぱり、ファイターを尊敬してくれているとは感じるよ。

これからも俺は戦っていくだけだ。RIZINでも戦っていく。ファイターにとって、大きなイベントのコンペティターが存在することは活躍の場が広がることを意味する。BelaltorとRIZINは協力体制にあるしな。

UFCはUFCだけで存在しているけど、BellatorはRIZINとの関係のように他のオーガナイゼーションで戦うことが認められている。そして、ポーランドのKSWの勢いのある奴らなんかと日本で戦うことができる。トーナメント戦でその日、誰が最強が決める戦いも気に入っているよ」

――そのUFCに興味は?

「Bellatorが俺のホームだ。UFCの水は俺には合わないだろう。UFCを認めている。それは当然だ。でも、俺はキング・モーだ。自分のブランドで、自分の路を歩いていきたい。俺はUFCに属するには自己主張が激しすぎるだろうな(笑)」

■Belaltor175対戦カード

<ヘビー級/5分3R>
クイントン・”ランペイジ”・ジャクソン(米国)
キング・モー(米国)

<フェザー級/5分3R>
エマニュエル・サンチェス(米国)
マルコ・ロウロ(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)
チェイス・ゴムリー(米国)

<ライト級/5分3R>
スティーブ・コゾラ(米国)
ジェイク・ロバーツ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ノード・ラハット(イスラエル)
ロイド・カーター(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ウォーキン・バックリー(米国)
ジャスティン・パターソン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
プリンス・マクレーン(米国)
アダム・マチエイェフスキ(ポーランド)

<ライト級/5分3R>
ダミアン・ノリス(米国)
トム・ショアフ(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
マット・ポール(米国)
ジェイムス・ボクノヴィック(米国)

<バンタム級/5分3R>
ネイト・ウィリアムス(米国)
マニー・ヴァスケス(米国)

<ライト級/5分3R>
JD・ハードウィック(米国)
ティム・チョ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
トーマス・ホルダー(米国)
ジョシュ・ストリーカー(米国)

<バンタム級/5分3R>
コリー・ギャロウェイ(米国)
デヴィッド・ガルシア(米国)

<ライト級/5分3R>
ブライアン・アキンズ(米国)
マイク・デラヴェガ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジェームス・エスポジト(米国)
エイセフ・アスカー(米国)

<バンタム級/5分3R>
マキシミリアン・フエンテス(米国)
ブランドン・シェルハート(米国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie